椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

學天則、あるいは豊中の三義塚について

 大阪市立科学館に學天則の復元が展示されているというニュースを目にして、ああ大阪らしくて良い、とおもった。

 

thepage.jp

 

 學天則は西村真琴が製作した「ロボット」というか、からくり人形というか……というものだ。そういえば西村真琴さんのことを昔書いたことがあったな、と Evernote のなかを探したら2004年12月16日の木曜日の出来事を書いたブログ記事が見つかった。今年高校にあがる長男がまだ二歳のころにドリコムブログに書いていたもので、ドリコムがゲーム開発会社になっていく過程でブログサービスはライブドアに譲渡され、最終的には消滅して今は自分の手元にしか残っていなかった文章。リンク切れや文章の足りないところなど書き直してみることにした。

 

 一昨日、曽根の豊中市民会館に、次男のツベルクリン反応判定と、BCG接種に行った。

 

 待っている間、長男と辺りを散歩していたら、「三義塚」という小さな石塚と、立派な石碑があるのが目に留まった。おそらく「さんぎづか」と読むのだろう。この辺りはよく行き来した場所になるが、初めて気が付いた。

 

f:id:mukunokiy0725:20041216141415j:plain

 

 そばに設けられた説明板によると「三義」というのは鳩の名前で、西村真琴さんという人物が第一次上海事変の直後に奉仕団を率いて中国上海を訪問した際、弱った鳩を助けて日本まで連れて帰った、その鳩を「三義」と呼んで育てていたそうだ。第一次上海事変は1932年、満州事変の翌年に上海共同租界近辺で勃発した軍事衝突事件で、満州事変の端緒である柳条湖事件が日本軍側が中国側の犯行であることを装って工作したものであることと同様に日本人僧侶襲撃事件などをきっかけに発生した。西村さんは当時そのような謀略についてはご存知なかったはずだが行動力のあった方だったことはこの一事においても分かる。

 

 さて鳩の三義だが回復して日本で元気に暮らしていたがイタチに襲われて命を落としてしまった。近所のひとが墓を立てたのが「三義塚」である。

 写真の後ろの石碑は、魯迅漢詩を刻んである。三義にもし子供が出来たらそれを上海に送って中国と日本の友好の証としたい……と考えていた西村さんが、三義の死までの経緯を上海在住の魯迅に書き送ったところその返信にて『三義塔に題す』という詩を贈られた。その詩が刻まれている。

 

 魯迅と手紙のやりとりをする、西村真琴という人物がはて何者か、調べてみてすぐに学天則を作った人物だ、と知って感嘆することとなった。そういえばご子息である故西村晃さんは、映画『帝都物語』で父親の役をされていたのを見て、映画の出来は別として、印象に残ったのをおぼえている。

 

 西村真琴さんがの実績は多岐分野に渡っている。文系だの理系だの関係ない才能であったらしい。あらゆる方面において草創期であった時代ならではの活躍ぶりといえるのかもしれない。

 

  • 1911年(明治44)から1915年(大正4)満州にて南満医学堂教授、生物調査に従事
  • 1915年(大正4)よりアメリカに私費留学、ニューヨーク市自然史科学博物館で爬虫類や植物の調査に従事
  • 1921年(大正10)から1927年(昭和2)まで北海道帝国大学付属水産専門部教授
  • 札幌の文芸誌『さとぽろ』の編集長を務める
  • 1927年(昭和2) 阿寒湖のマリモの研究により東京帝国大学より理学博士号を取得、マリモの保護活動に功績を残す
  • 同じく1927年北海道帝国大学を退官し大阪毎日新聞社入社、翌年「學天則」を製作し京都博覧会に出品
  • 1932年(昭和7)  第一次上海事変の直後に奉仕団を率いて中国上海を訪問
  • 1936年(昭和11)  大阪毎日新聞社会事業団内に全日本保育連盟を結成。また民国窮民孤児救護会、隣邦児童愛護会を結成、幼児教育義務化運動や中国人孤児救済にあたる
  • 1947年(昭和22) 豊中市議会議員に当選、議長を務める

 

 子供を遊ばせつつ説明板の文章を読んでいたときは(何の美談か)ぐらいにおもっていたが、そんな浅いものでは無いようだ。豊中の子供達は、こういうことも教わって育ったりするのだろうか。

 

 西村さんと魯迅の関係は、1932年に奉仕団と上海を訪れた時にできていたのかもしれないと推測できるがはっきりしない。上海の書店経営者であり魯迅と交友の深かったという内山完造さんが関係していたかもしれない。鳩の三義についての手紙を受け取ったはなしは魯迅の日記の1933年6月21日の項にも書かれていて史実として確認が取れていることなのだが、その前のことは文献を見つけられていない。 

 

 魯迅については、中学生くらいの時期に『阿Q正伝』を読もうとしてちっとも読み進められず、その後もあまり読んでいない。自分に読む力量がなかったかと思っていたら、松岡正剛さんの千夜千冊によると、そうでもなく誰が読んでもそんなに面白い作品ではないらしい。ちょっと安心した。

 

716夜『阿Q正伝』魯迅|松岡正剛の千夜千冊

 

   西村さんは長野県東筑摩郡、現在の松本市の出身、お墓は多磨霊園にあるらしい。豊中市議会議員を辞したあとは大阪からは離れてしまったのかと推測される。しかし鳩の三義が死んでしまった時に野面石を持ってきて墓を作ったのが豊中の西村邸近所の方々だったという話しから、西村さんの活動が周りにも理解を得ていたことが伺える。塚が残ったことで西村さんの業績も大阪で永く記憶されることとなり、ひいては「學天則を復元しよう」という試みにつながるあたり、大阪ならではの出来事として誠に気持ちが良い、そう考える所以である。

 

吉田カバンの寿命

 キーケースを買い換えねばならない状態となった……という話しを書いたが、実はもっと大物が破けて頭を悩ませている。仕事用の鞄である。Porter の黒の布製バッグで、今までも何度も書いているが2005年1月に購入したもので間も無く愛用して14年目を迎える。

 

 2012年に一度おおきな破損があって修理に出している。その翌年、翌々年も修理に出していて、これであと仕事を辞めるまではいけるだろうなどとおもっていたが今のところ私が現職を辞する予定はなく、一方で鞄は寿命を迎えつつあるようであちこちが同時多発的に破けてきた。

 

 まずは片方のサイドポケットの上部がほぼ全面に渡り破れた。正確にはサイドポケットの中に更にファスナーで仕切られたポケットがついていて、書類などはそこに入れるのを常としてきたのだがその上部が破れてしまい以下の写真の通りでサイドポケットと本体がつながってしまった。これは最近、中のファスナーを開けた状態で掛けていたもので余計に負荷がかかってしまったらしい。保存の時の配慮が足りていなかった。

 

f:id:mukunokiy0725:20171229205835j:plain

 

 そうこう言っている間に本体反対側上部も破けた。実をいうとサイドポケットのかぶも綻びつつあり、こっちの方がやばいかもしれない

 

f:id:mukunokiy0725:20171229205953j:plain

 

 更に更に、持ち手を束ねる革製の部分が長年の負荷に耐え切れず千切れてきた。

 

f:id:mukunokiy0725:20171229205910j:plain

 

 なお肩掛け用の紐についていたゴム製のパッドは1年に1回のペースで破れてしまうのでついに買い換えることをやめてしまっている。

 

 今までの修理代でもうひとつ買えるかな……? というところにきているので、愛用品とはいえ際井戸修理に出すことには躊躇を覚えている。底が抜けてしまうか、持ち手の革の破れ目が貫通してしまうか、どちらかになれば新しいものを買うか……という気になってきている。そんなお金は無いのだが、できるだけ延命させつつ新春バーゲンの際に最近の商品をみておこうかと考えるようになった。

 

2012年から2014年にかけての修理の記録

mukunokiyasuo.hatenablog.com

 

mukunokiyasuo.hatenablog.com

 

mukunokiyasuo.hatenablog.com

 

キーケースを探す

 愛用のキーケースが破けた。

 

 トレッサ横浜の南棟、ロフトの奥に入っていた革製品を扱う店で買ったのだが、今は同じ場所に店はない。トレッサ横浜トヨタの関連企業が運営するショッピングモールで、1階が自動車のショールームになっていたりすることもあって駐車料金が無料となっていて、距離はあるが時々家族で買い物に行く。最初にいったのは北棟・南棟がそろったあとのことでおそらく2008年頃ではなかったかとおもう。キーケースを買ったのもそのころだ。現在無印良品が入っているあたりか、あるいはアーノルドパーマータイムレスが入っているあたりだったか店の名前をすっかり忘れてしまった。

  

f:id:mukunokiy0725:20171109144420j:plain

 

 キーケースはとても愛用していて、革製の小銭入れ状部分に自転車の鍵を入れて持ち歩いていた。自転車の鍵というものは解錠する時のことを考えるとキーホルダーにつけておくことができない。このキーホルダーさえ持っていれば自転車の鍵を忘れることもなかった。

 

 穴が開いてしまってからもしばらくは落ちないように気をつけながら使っていたのだが、先日夜道で破れたところから自転車の鍵を落としてしまい15分ほど必死に探すこととなるという事態を引き起こしついに自転車の鍵は別にするように変えた。新しいキーホルダーに替えようと探し始めているのだが、このような形の製品がなかなか見つけられないでいる。見つけても値ごろ感が合わなくて、ちょっとお高い。現在も使い続けている財布を購入した千駄木レプロットなど、革製品の工房は東京だと東の方にいくつもあるイメージだけれど、そういうところの製品は良いけど私には高いということになりそうだとわかってきた。当分は丸善など文具店に寄る時に気をつけてみようかとおもっている。

 

名前を忘れた技

 大阪市立大学合気道部の創部五十周年記念は、普段から現役生が稽古を行っている第二武道場において OB・OG 集まっての稽古会のあと、高原記念館で式典を行うというものだった、稽古は OB・OG が順に技を出していった。私の出した技について懺悔があるので書いておきたい。

 

 技の名前を適当に言ったので、間違って言ってしまった。実は現役二回生が私の間違いに気がついていたのだが、結局自分がその時にやった技の稽古で通してしまった。実はいまでもその技をどう読んでいたのか自信がない。

 

 昨年大田区合気道連盟の春季演武大会の時に私が「その技」をやっていた動画があったのでそこからスクリーンショットをとってきた。画質が良くないのはもとが動画だからで、ご容赦。

 

  一教の抑えに入る。

  

f:id:mukunokiy0725:20171206234624p:plain

  

 持ち替えながら相手の斜め前方に回り込む。

 

f:id:mukunokiy0725:20171206234645p:plain

 

 相手の脇・肘が直角になるように導いて背後に投げる。四教の裏に近い形になる。

 

f:id:mukunokiy0725:20171206234654p:plain

 

  この技をやるまえ「〜返し」だった気がするのだが「一教返し」ではない。「一教投げ」でもなかったはず……と悩んで説明の時に「六教返し」と言ってしまった。

 

 六教は相手の腕を両腕で抱えるようにして極めるので、これは六教返しではない。間違った技の名前で説明してしまった。実は直前まで(この技って何だったっけ……一教返し? 違うな。一教投げも違う)などとぐるぐる考えていた。

 

 あとで改めて調べてみると「一教返し」という呼び名で上記技と近い形を稽古している動画をあげている例をひとつみつけたが、逆に言うとひとつだけで公に使われる技の名前とは言い難い。大田区合気道会で正面打ちから一教に抑えた状態からそのまま相手を前に突き飛ばすように投げる稽古をしたことがあるが「一教投げ」と呼んでいたかどうか思い出せない。いずれにせよまた違う技だ。

 

 ということで結局自分では正解にたどり着けないのだがあればやはり「一教返し」と言って稽古していたような気がしてきた。ここにこっそり訂正させていただくものである。

 

大阪市立大学合気道部五十周年記念式典

 11月18日の土曜日、 大阪市立大学杉本町キャンパスで合気道部の創部五十周年式典を行った。前日から大阪に入って出席してきた。

 

 午前中10時半から普段稽古している第二武道場で稽古会、午後1時半から高原記念会で立食形式で式典を行った。高原記念館は2005年、ちょうど私が東京に移った頃に商学部卒業生でユニ・チャーム創業者の高原慶一郎さんから寄贈された施設で、初めて入った。それはさておき。

 

 稽古会についてはOBが順に技を出して行って稽古した。これについては懺悔があるのだが、別に書こうかとおもう。

 

 記念式典は阿部豊雲師範にもお越しいただきお話しをいただいた。歴代50年間で、誰もいらっしゃらない代があったりしつつも全体的にみると満遍なく参加者が集まって、懐かしい顔をみることが出来ている。また、部室に残されている歴代の写真を使ってスライドをつくっていて、それを映像で流したのだが各年代で盛り上がった。

 

 自分はあちこちに声をかけたりしていて、スライドを流す辺りで同期の22代の出席者と話す余裕ができたところで撮ったのがいちばん式典らしい写真だった。稽古中はまったく写真を撮っていないので、どこかで見せてもらえるかなぁ、公開しても良い写真はアルバムにして部内で回すか……などと考えている。

 

f:id:mukunokiy0725:20171118143349j:plain

 

 

2017年の衆議院議員選挙 東京4区

 いつものように選挙に先立って自分のためのメモを書く。

 

 まず、最近の国政選挙及び東京都の選挙を書き出してみた。赤の太文字が任期よりも前に実施することとなった選挙。2009年の衆議院議員選挙は数ヶ月前に実施しているだけなのでそれには含めなかった。

 

 衆議院議員総選挙を一回行うと約650億円の費用を要すらしい。 ※1 東京都知事選挙は約50億円。 ※2 赤色太文字の選挙は本来四年ある任期を二年ないし三年に短くして公費を余分に消費している。

 

2017年10月 衆議院議員選挙 安部晋三総理大臣による解散総選挙

2017年7月 東京都議会選挙 通常選挙

2016年7月 東京都知事選挙 舛添要一前知事の辞職による

2016年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2014年12月 衆議院議員選挙 安部晋三総理大臣による解散総選挙

2014年2月 東京都知事選挙 猪瀬直樹前知事の辞職による

2013年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2013年6月 東京都議会選挙 通常選挙

2012年12月 衆議院議員選挙 野田佳彦総理大臣による解散総選挙

2012年12月 東京都知事選挙 石原慎太郎前知事の衆議院議員選挙立候補による

2011年3月 東京都知事選挙 通常選挙

2010年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2009年8月 衆議院議員選挙

2007年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2005年9月 衆議院議員選挙 小泉純一郎総理大臣による解散総選挙、いわゆる郵政選挙

 

 これが意味や意義のある選挙であるならば仕方がない。しかし過去十年でこれだけしなければならないとはどうも思えない。2005年の郵政選挙がいまからみて意味があったかというと疑問もあるが流れとしては郵政民営化法案の参議院での否決を受けて信を問う、としたことが理解できる。今回の場合解散総選挙で問う内容として安部晋三総理大臣は下記をあげららしく聞こえる。 ※3 

 

  1. 深刻化する少子高齢化に対応するために、2019年10月に10%に引き上げられる消費税の増収分を教育無償化などにあてることへの信任を問う
  2. 核開発や弾道ミサイルなど、北朝鮮の脅威への対応の信任も問う

 

  1. の消費税の使用用途については、2014年の自民党政策綱領においても「消費税については全額、社会保障の財源とし、国民に還元します」 ※4 と記載していて今改めて国民に確認する内容ではない。消費税増税を延期したのは景気への悪影響を慮ってのことで、改めて信を問うたからといって増税すれば影響は出る。いいからやってみろ、ということでしかない。

 

 2. の北朝鮮についても本当に脅威が迫っているならば選挙などしている場合ではないはずで、いいから脅威への対応に全力を注げ、と言われるだろうというのが確認しなくても分からなければ困る。つまり森友学園の土地売却について不正があったと思われる問題、加計学園獣医学部の設立認可について便宜が図られたと思われる汚職事件について説明を回避するために他の理由を挙げたに過ぎないと思われても仕方がない。汚職の説明責任を回避するために更に国費を使って国家を疲弊させるという行為がそもそもあってはならないことで、選挙をすべきではないとこの期に及んでも選挙しなければ良いのにという思いは消えない。

 

 とはいえ投票はする。大田区のほとんどをカバーする東京4区の候補者は下記。

 

井戸正枝(いど まさえ)

 無国籍であるために不利益を被るひとがいるという問題を積極的に問うてきた方でひいては社会福祉に関して妥当な判断ができる方だという評価をしている。立憲民主党より立候補。

無戸籍の日本人 (集英社学芸単行本)

無戸籍の日本人 (集英社学芸単行本)

 

 

平将明(たいら まさあき)

  現職。仲卸の経営者。ネットは使いこなしておられる印象だが下記あたりは良くない対応をされたようだと認識している。

news.biglobe.ne.jp

 

難波美智代(なんば みちよ)

 一般社団法人シンクパール創設者、顧問。女性の健康教育と予防医療を推進する団体。本人が子宮頸がんを経験されている。希望の党公認。

 

 どういう経緯で立候補に至ったのかと思っていたが以前から国政に出る考えはあった模様。民進党から都民ファーストの会に移った森愛都議と写っている写真がご本人の Facebook にあったので(ああ、そうか)とはおもった。

 

青山昂平(あおやま こうへい)

 少し前から「青山コウヘイ」と書かれたポスターは貼り出されていて目にしていた。日本共産党より立候補。

 まだ若くこれまでの事績はあまりみつけられなかったが 2013年に中央大学法学部に在籍時、秘密保護法反対の学生集会に参加していたような記事があった。 

 

 

※1 解散総選挙? 衆院選ではどのくらい税金が使われるのか(ハフィントンポスト) より

※2 舛添知事辞職 知事選費用50億円 「都民にも責任」 (毎日新聞) より

※3 【解散総選挙】安倍首相が会見で答えた5つの疑問と、残った疑問BuzzFeed News)

※4 自民党重点政策2014 | 政策 | ニュース | 自由民主党

 

南馬込インド・ネパール料理専門店の変遷

 馬込に住んで12年目目に入っていて、腰掛けの余所者とは言えないような長さになってきた。十年以上同じ場所にいるとまちの風景にも変遷があって、しかもそれが忘れ去られていくことに気がついたりする。以前「馬込の失われた建物」というのを書いてみたことがあったが、お店の変遷も書き残しておこうかとおもう。今回は南馬込の、東急バスが通るバス通り沿いにあるカレー店について。

 

 我が家が2015年6月に馬込に来た時にはそこには蕎麦屋があった。向かって右隣は細い路地を挟んで以前に閉店したことを書いたことがあるパティスリー稲垣、左となりは梅香堂というリフォーム店がある。蕎麦屋の名前、自分は「まつ登久とく」だったと記憶していた。「松登久」という蕎麦屋はほど近い馬込桜並木通り沿いにもあり、京急大森海岸駅近くの環七通り沿いにある蕎麦屋が「松登久 本店」が元だとおもっていた。

 

 それがこれを書いたあとに「更科」ではなかったかと教えていただいた。現在も店の前面上部に小窓のような看板がふたつ並んでいるのだが、これが一文字づつ「更」「科」だったと。私が蕎麦屋だった時を目にしていたのはわずかな期間であったので私の思い違いだった可能性が甚だ高い。と言えるほどすぐに閉店してしまい、しばらく空き店舗の状態が続いたように記憶している。

 

 居抜きで「アンナプルナ」というインド・ネパール料理の店が入った時期を正確に覚えていないが検索してみると 2008年8月に行ってみたというブログ記事を見つけた。2007年から2008年にかけての開店だったろうか。自分が行ったのは2010年だったらしいことが Twitter のログから見てとれる。

 

 そんなに頻繁ではないが時々テイクアウトで使ったりしていた。ナンが団扇のように大きいのが焼きあがって出てくる。私はチーズが好きなものでチーズなんを頼むことが多かった。

 

 

キーマカレーとチーズナン

Yasuo Mukunokiさん(@mukunokiy)がシェアした投稿 -

 

 2016年に客ではない人たちが出たり入ったりしているのを東急バスの車内から見かけたので改装でもするのかなぐらいに思っていたのだが気がついたら店の外見は全く変わっていないが店名が変わっていた。「タンセンビュー」というのが新しい店名。店名が変わってからはまだ行っていない。「アンナプルナ」は約10年南馬込で営業を続けたということになる。

 

「アンナプルナ」の経営者は東急目黒線西小山駅前で同名の食材及びスパイスの専門店をされているらしい。同じ西小山の駅前に料理店としての「アンナプルナ」もありこちらが本店だったのではないかと思われるが南馬込と同様に店名が変わり「サムエル・ダイニング」になっている。オーナーさんが現場を引退し店舗への卸に専念し、更新に店舗を渡した……とかなのかと推測する。ご店主にきいてみれば良いのだけれどご商売でないことで個人的に「取材」するのもどうかとおもって推測にとどめている。

 

www.annapurna-food-and-spice.com

 

f:id:mukunokiy0725:20170923120123j:plain

 2017年時点の「タンセンビュー」としての店容。外観は「アンナプルナ」時代とほぼ変わっていない