椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

2017年の衆議院議員選挙 東京4区

 いつものように選挙に先立って自分のためのメモを書く。

 

 まず、最近の国政選挙及び東京都の選挙を書き出してみた。赤の太文字が任期よりも前に実施することとなった選挙。2009年の衆議院議員選挙は数ヶ月前に実施しているだけなのでそれには含めなかった。

 

 衆議院議員総選挙を一回行うと約650億円の費用を要すらしい。 ※1 東京都知事選挙は約50億円。 ※2 赤色太文字の選挙は本来四年ある任期を二年ないし三年に短くして公費を余分に消費している。

 

2017年10月 衆議院議員選挙 安部晋三総理大臣による解散総選挙

2017年7月 東京都議会選挙 通常選挙

2016年7月 東京都知事選挙 舛添要一前知事の辞職による

2016年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2014年12月 衆議院議員選挙 安部晋三総理大臣による解散総選挙

2014年2月 東京都知事選挙 猪瀬直樹前知事の辞職による

2013年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2013年6月 東京都議会選挙 通常選挙

2012年12月 衆議院議員選挙 野田佳彦総理大臣による解散総選挙

2012年12月 東京都知事選挙 石原慎太郎前知事の衆議院議員選挙立候補による

2011年3月 東京都知事選挙 通常選挙

2010年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2009年8月 衆議院議員選挙

2007年7月 参議院議員選挙 通常選挙

2005年9月 衆議院議員選挙 小泉純一郎総理大臣による解散総選挙、いわゆる郵政選挙

 

 これが意味や意義のある選挙であるならば仕方がない。しかし過去十年でこれだけしなければならないとはどうも思えない。2005年の郵政選挙がいまからみて意味があったかというと疑問もあるが流れとしては郵政民営化法案の参議院での否決を受けて信を問う、としたことが理解できる。今回の場合解散総選挙で問う内容として安部晋三総理大臣は下記をあげららしく聞こえる。 ※3 

 

  1. 深刻化する少子高齢化に対応するために、2019年10月に10%に引き上げられる消費税の増収分を教育無償化などにあてることへの信任を問う
  2. 核開発や弾道ミサイルなど、北朝鮮の脅威への対応の信任も問う

 

  1. の消費税の使用用途については、2014年の自民党政策綱領においても「消費税については全額、社会保障の財源とし、国民に還元します」 ※4 と記載していて今改めて国民に確認する内容ではない。消費税増税を延期したのは景気への悪影響を慮ってのことで、改めて信を問うたからといって増税すれば影響は出る。いいからやってみろ、ということでしかない。

 

 2. の北朝鮮についても本当に脅威が迫っているならば選挙などしている場合ではないはずで、いいから脅威への対応に全力を注げ、と言われるだろうというのが確認しなくても分からなければ困る。つまり森友学園の土地売却について不正があったと思われる問題、加計学園獣医学部の設立認可について便宜が図られたと思われる汚職事件について説明を回避するために他の理由を挙げたに過ぎないと思われても仕方がない。汚職の説明責任を回避するために更に国費を使って国家を疲弊させるという行為がそもそもあってはならないことで、選挙をすべきではないとこの期に及んでも選挙しなければ良いのにという思いは消えない。

 

 とはいえ投票はする。大田区のほとんどをカバーする東京4区の候補者は下記。

 

井戸正枝(いど まさえ)

 無国籍であるために不利益を被るひとがいるという問題を積極的に問うてきた方でひいては社会福祉に関して妥当な判断ができる方だという評価をしている。立憲民主党より立候補。

無戸籍の日本人 (集英社学芸単行本)

無戸籍の日本人 (集英社学芸単行本)

 

 

平将明(たいら まさあき)

  現職。仲卸の経営者。ネットは使いこなしておられる印象だが下記あたりは良くない対応をされたようだと認識している。

news.biglobe.ne.jp

 

難波美智代(なんば みちよ)

 一般社団法人シンクパール創設者、顧問。女性の健康教育と予防医療を推進する団体。本人が子宮頸がんを経験されている。希望の党公認。

 

 どういう経緯で立候補に至ったのかと思っていたが以前から国政に出る考えはあった模様。民進党から都民ファーストの会に移った森愛都議と写っている写真がご本人の Facebook にあったので(ああ、そうか)とはおもった。

 

青山昂平(あおやま こうへい)

 少し前から「青山コウヘイ」と書かれたポスターは貼り出されていて目にしていた。日本共産党より立候補。

 まだ若くこれまでの事績はあまりみつけられなかったが 2013年に中央大学法学部に在籍時、秘密保護法反対の学生集会に参加していたような記事があった。 

 

 

※1 解散総選挙? 衆院選ではどのくらい税金が使われるのか(ハフィントンポスト) より

※2 舛添知事辞職 知事選費用50億円 「都民にも責任」 (毎日新聞) より

※3 【解散総選挙】安倍首相が会見で答えた5つの疑問と、残った疑問BuzzFeed News)

※4 自民党重点政策2014 | 政策 | ニュース | 自由民主党