椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

2016年のとんど焼き

 2016年の年始は実家の山口県須佐町で迎えた。暖かい年末年始であったのをこれ幸いと自動車を東京から走らせて帰り、私と妻の実家に孫の家を見せに行ってきた。

 

 4日が月曜日だったのでそこから休暇は明け通常の生活に戻った。次の週末は成人の日があって連休だ。例年御飾りをさげてどこにお納めするのか迷う。前の年は世田谷の松陰神社に参って松陰先生の墓所にも手を合わせに伺ったのだがここで御飾りを納めてきた。

 

 今年は10日の日曜日に御飾りをさげて納めに出かけた。最初は大田区内、東急池上線沿線の御嶽神社に行った。ここは東京に来て初めての正月に偶然行きあって御飾りを納めたお宮様なのだが、行ってみたらお焚き上げの受付けをされていなかった。

 

 事前に調べてなかったの、と妻に詰られることとなったのだがおそらくやっているともやっていないとも私が見つけられるような場所──つまりネット上──に情報がなかったのではないかとおもう。そもそも境内を見渡してもお焚き上げをするともやめるともなんの案内もされていなかった。

 

 そこで方針転換して多摩川を渡ることにした。丸子日枝神社様でとんど焼きがあるようだという情報を、こちらはネットで見つけていたからだった。多摩川の河川敷でお焚き上げをされるらしい。

 

f:id:mukunokiy0725:20160109144910j:plain

 

 丸子日枝神社というからもともとは山王権現。道向かいに社務所があり、ある程度車がとめられそうな広さがあるのだが初めてきたので気付かず、近くに車をとめておいて私だけ降り、手早く御詣りと御飾りのお納めをして帰ってきた。電車で言えば東急東横線目黒線新丸子駅からちょっと歩いたところだ。来年以降覚えておこう。

 

 参道にあるお札所で神宮大麻をいただいて帰ろうとしたがひとが居ない。何度か声をあげて呼んでみたが誰も出てこられない。妻が車で待っているのであきらめて帰った。翌日11日の多摩川河川敷でのお焚き上げには行く時間が取れなかった。

 

f:id:mukunokiy0725:20160109145247j:plain

広告を非表示にする