読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

三浦半島小旅行

まち

 正月は東京都内に出かけたりはしたが、実家にも戻らずだった。1月9日の日曜日が、合気道の稽古がまだ始まらないスケジュールだったため、家内と話して小旅行に出かけることとなった。

こどもの国から

 とはいえ、最初から旅行という体裁ではなく、着替えなどは準備したうえで、気が変わったら帰ってくるつもりで1月8日の土曜日に横浜の「こどもの国」に行く、ということでまずは家を出た。

 入園してすぐ左の方にある遊具のところで子どもたちが遊んで回っている間に家内は旅行雑誌で、私は iPhone によるブラウジングで行き先を調べ始めた。最初から宿を決めている旅も良いものだが、昨年行った房総半島の旅行といい何も決めないで行くのも気楽でよいという話に家内となっていた。

 箱根のほうも考えたが駅伝で結構凍っているのを見ていたので、手前の三浦半島はどうだろうかと調べたら、良さそうな宿がふたつ見つかった。

  1. マホロバ・マインズ三浦…… 部屋が全てスイート仕様になっているらしい。これは子供を連れているととても楽(房総に旅行して銚子でホテルに泊まった時、普通のホテルでユニットバスに入るのに苦労したのでこれは使いやすい。あと、条件に制限があって安いプランがある。
  2. プレーゴ葉山…… 大人は一律5,250円とのこと。温泉ではないが浴場があり、ここも子供連れにはいい模様。

 どちらもネットからしか予約が入れられないっぽい(実はマホロバは電話もあるらしいとあとで分かった)。調べると葉山のは満室だったがマホロバ・マインズは別館で海も見えない部屋で、空きがあった。

 こどもの国を出て、近くのリンガーハットでお昼を安くすませて三浦半島に向かうこととした。

三崎漁港

 マホロバ・マインズに着いて、予想していたより遥かに巨大なホテルなのに驚いた。

 我々が泊まったのはその巨大な本館の横にある別館だが、ホテルというよりは元々マンションだった建物をそのままホテルに使ってます、という感じ。部屋の椅子の布が擦り切れていたりするが、ベッドも大きいし、風呂もトイレも別れていてかつ広い。非常に楽に泊まることが出来た。

 さて、チェック・インしたら、荷物をおいて出かけた。三浦海岸から小さな高原を越えて南に向かい三浦半島の先、三崎漁港に行った。

 おもな目的は魚市場だったので城ヶ島には渡らず、漁港に駐車して歩いた。

 夕食には少し早かったが、魚を食べさせる店を探すと、お誂え向きに「さん和」という回転寿司があったので家族で入って食べた。

早い夕食

 表に朝市の旗などが出ていたので大将に聞くと、「そこ左に入っていった先でやっているよ」と教えてくれた。

「朝市で食べるとこ、ありますか?」と家内がきくと「うんパンとか売ってたんじゃないかなぁ……もし無かったら、うちにおいで。朝市の時間、やってるから」という。さすが三崎漁港の回転寿司。

 味はというと、おいしく頂いたのだが……須佐の魚の方がやはりおいしいねぇ、という話しにはなった。

三崎の朝市

 翌9日の日曜日は5時に起きて、5時半にはホテルを出る感じで再び三崎漁港に向かった。

 前日に教えてもらった「左に入るとこ」には丁度駐車場があるのでそこにとめ歩いて朝市に向かった。

 行って初めて知ったのだが朝市の初売りだったため、場内で鮪のもつ煮を振舞っていたりしてありがたく頂いた。

 ただ、幼稚園年長の次男が本当に眠いのか寒いのか、どうしても抱っこしてくれといって歩かない。朝市を歩くにあたって致命的な状況だったので、場内一回りしたら私は子ども達を連れて自動車に戻った。

 ところがややこしいことに、朝市に向かい道沿いに出ている屋台で鮪のトロの串焼きを売っていて、長男が食べたいと言い出す。子供としてはもつ煮よりこちらの方がおいしそうだったらしく。苦労して買って車まで持って帰る。車内を暖めるとたちまに元気になった子ども達がむしゃぶりついた。

 その間家内は自分で持てる限界まで三浦大根だの沢庵漬けだの様々なものを買ってほぼ自力で運んできた。ちなみに魚類はその場で買って食べるばかりでそれほど買わなかった。

葉山など

 朝市で買ったパンにコンビニエンス・ストアで買い足したもので朝食にし、その後チェック・アウトした。朝市でほぼ旅行の目的を達したような気分になっているのであとはいい加減。私の独断で車を葉山・鎌倉の方に向けた。

 葉山の御用邸としおさい公園の前を過ぎたところで神奈川県立美術館の葉山館に通りがかり、なんとはなく車をとめた。美術館に興味があるのは家族では私だけなのだが、お手洗いを借りたり出来る。

 ただ開館時間直前だったので、相模湾の海岸に出てみた。

 砂浜でとんど焼きをやっていて、しまったお飾りを持ってくれば良かったとおもったり。

 いい天気が続いていて、富士山が綺麗なのを眺めて美術館に戻り、「現在活躍中の画家5人を取り上げた企画展」を家族で見て、ついでにお手洗いを借りていった。私以外はお手洗いが主目的なのだが。

 このあとも富士を望みながら鎌倉に向かったのだが段々渋滞がひどくなり、江ノ島を目前にしてUターンして帰ってきた。下道で横浜市街まで戻り、昼食をとってから高速道路で羽田に行き、まるでいつものように萩中公園で子供たちと遊んで家へと戻っていった。

広告を非表示にする