椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

ふと

「軍隊を持つということ」というカテゴリは、滅多に書いていない。はてなに移ってからは初めて書く。

 この長い名前のカテゴリを作ったのは、「僕は日本も軍隊を持ってもいいかもしれないとおもっているけど、少なくとも僕が望むようなかたちでそれを実現できそうなひとは、政治家にも国家公務員にもいないようだ」ということを分からないままに書き出したものだった。もちろん、中途半端なカタチでイラクに自衛隊を派遣し続けている状態で、その決定をしている小泉純一郎首相なり、自民党なりには事を託すことは無理だとおもっている。

 先の選挙以降、自民党は勢いを持っている。その勢いが行政の構造改革に向かっている分には大筋で、よかろうとおもっている。しかしその勢いが軍備増強にも向けられているとしたら、しかも密かに徐々に行われているとしたら、これほど気色の悪いことはない。そういう事実があると知っている訳でなく、そうらしい、という程度で書いているのだが、今後も知りえたことはここで論っていきたい。りんかい線の社内吊り広告を見て──何かの雑誌だったが誌名も内容も忘れたのでそれだけにしておく──ふと思ったので、書いておく。

広告を非表示にする