読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

大森町商店街 レストランしらはま

 次男をバッティングセンターに連れて行った日は大森町の商店街でお昼にした。昨年も連休時は遠出をせず、近くにあるが行きそびれていたようなお店に行ってみることをイベントにしていたが、今年も同じようなテーマで連休を過ごした事になる。お店は洋食屋の「レストランしらはま」。

 テレビで取り上げられたりするので割りと知られた店だと思う。私の中では桑野信義さんが紹介していた印象が強く、この店のおかげてシャネルズ、というか Rats & Star のメンバーは大森辺り生まれの人達なんだという事を知ったものである。ただ、なかなか行くことがなくこの度が初めての来訪となった。子ども達はメンチカツ。下の子は本当はドリアが良かったのだが、注文しようとしたら本日は終わっている、ということでとびきり大きいことで知られているメンチカツになった。バッティングセンターで夢中になってバットを振っていたためお店に行くのが昼過ぎになってしまったのがいけなかった。私はハンバーグ。


ちょっと大きさが伝わりづらいがメンチカツ。子ども達食べきれなかった。



ハンバーグも大きかった。


 写真ではちょっと伝わりづらいが運ばれてきた皿を見て子ども達が「でか!」と叫んだことはお伝えしておく。大きいだけではなくて、味もよろしかった。とはいえさすがに子ども達は食べきれず、だいぶ親を太らせる結果となった。

 大森町商店街もいい下町の商店街で、まずは駅前にある衣料品スーパーのナンカ堂だったのだが京急大森町駅が高架駅となってしまい、駅に隣接した店舗がなくなってしまったこと、旗の台の商店街に新しい店舗が昨年できてそちらに行くようになったことで意外と足が延びない。駅と言えば隣の梅屋敷駅も高架化成って京急電車各駅停車がはみ電する長閑な風景も見られなくなった。たまにしか足を運ばないものとしてはたいしたことは言えないのだが、商店街の活気は増してほしいとおもっている。海外からの観光客は大田区を素通りするのかもしれないけど、こんな商店街でびっくりするような巨大メンチカツを食べるなんて旅も体験してみてほしいとおもうのだが。