椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

吉兆宝山

 幼稚園でバザーというものが開催される。うちの近くにも幼稚園はたくさんあり、バザーをやらないところや、そんなに賑わないところもある。比較的よいものが出る、という幼稚園に家内が行ってきて、買い物を楽しんできたのだが、「父の日に」と私に焼酎を一本買ってくれた。

「吉兆宝山」、鹿児島の西酒造、とある。芋焼酎だ。

 私は通常発泡酒が主で、焼酎は居酒屋に行った時くらいしか飲まない。ウィスキーや焼酎を割らずに飲んで学生時代に酷い二日酔いをしたことがあり、蒸留酒はそんなに飲まないでいた。

 ところが、発泡酒をレギュラー缶1本飲んで、ちょっと足らない時にこの焼酎を水で割って氷で冷やして飲むと丁度いい酒量で収まる、ということを発見してしまった。香りは良いものだし、いいものを買ってくれた、と家内に感謝。

広告を非表示にする