椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

やはり世界一は見事

 消滅以来、野球は遠めにちらっと見る感じだったのだが、今日は夜勤明けの祝日(先週から夜勤が続いていて、体調よろしくないのだが)。ワールド・ベースボール・クラッシック(W.B.C)は自宅でテレビでずっと観戦していた。スポーツには疎い家内に「野球でキューバと決勝戦を戦う」ということの意味がいかに重いか、ということを説明しながらの観戦である。優勝は素晴らしい結果というしかない。近鉄バファローズ伝統の優秀な救援投手(石本、吉井、赤堀、、、)の一人に名を連ねる大塚晶則投手が最後のバッターを三振に切って取ったときにはさすがの私も歓声を上げてしまった。

 この試合が終わってから、次男が昼寝をしていたので長男とスーパーマーケット「キタムラ」まで晩御飯のお好み焼きの材料を買いに言ったのだが、道すがら(もしかしたらポイントアップセールが行われているかも)と思い当たった。ポイントカードは家内から預かってきていない。「キタムラ」は「衆議院議員選挙の投票率が50%を超えたらポイント10倍」だの「トリノオリンピックで日本人金メダリストが出たらポイント10倍」というようなセールをよくされるのだ。店に着いたら果たして正解。即日やっていた。思わず笑ってしまった。お好み焼きソースや青のり、ベーコンなどを購入して帰った。長男は帰りの途中までは自分の足で歩き、買った商品を引きずって歩き、だいぶ進歩を見せた。残りは抱っこだったけど。

広告を非表示にする