椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

昇段試験

 いまこの文章は東京の南馬込で書いているが、20時53分新大阪発ののぞみで帰ってきたので、日帰りで大阪に行っていた。

 今日は吹田の天之武産塾合気道道場大阪市大合気道部の二回生の初段への昇段試験があったはずで、無理すれば道場に試験を見に行くことができたが、あれこれ用事をしているうちに時間がなくなり、断念した。年末の金曜日の晩ともなると、新幹線のチケットもなくなるのが早い。

 ただ、後輩の演武を見るのもさることながら、阿部醒石先生に教わる機会が遠くなっている現状を思えば、無理にでも道場に行った方がよかったかな、と東京に戻ってから考えてしまった。こういうことをうじうじと考えるのが私の特徴ではある。

 明日は忘年会のはずなので、美味しいお酒をのんでもらえたらとおもう。

広告を非表示にする