椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

「あ〜て〜よ!」/「〜て何?」

 正月明けにこちらに帰ってきて以降、次男のやんちゃ振りは増している気がする。最近は何でも自分でやってみせようとする。長男にもこういう時期があったが、また来たか、とおもう。自分でやろうとしているところに親や兄が手を出そうとすると「あ〜て〜よ!」と叫んで怒り、仕舞いには泣き喚いたりする。「あ〜て〜よ!」は何を言っているのか諸説あるのだが、「うるさいよ!」か「やめてよ!」のいずれかであるらしい。

 本日もうんちが出たのでおむつを換えた後、自分でおむつをはこうとする。やらせておいてふと見たら立ったままうんこの続きを垂れ流していた(!!!)。幸い、こんな時のための敷物の上だったのでその敷物を家内が急遽洗濯し、今室内の私の横に干してある。

 今日は長男も珍しくトイレに失敗し、うんちとおしっこと両方をトイレの前で漏らしてしまい、うんちまみれの日となった。

 その長男は最近、何でも質問してくる傾向が顕著になった。これもいずれ来るのだろうと思っていたが、やはり子供はそうなのだと実感する。「おとうさん、きょうはどこいったっけ?」「スーパーマーケットに行ったやろ」「スーパーマーケットってなに?」「何でも置いてる、ちょっと広い店やがな」「ちょっと広い店ってなに?」「お肉とかびーびー(魚のコト)とか野菜とか、置いとる店や」「おいとる店ってなに?」「スーパーマーケットのこと!」(以下延々親子バトルが続く。。。)