椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

全日空国内線機出発前に忘れ物を取り戻した

 荏原警察署に東急バス車内で落としたネックウォーマーを取りに行った三日後のことである。関西に日帰りで出張で、行きは羽田空港から伊丹空港まで飛行機で移動した。その搭乗の際のこと。

 

 搭乗の待合の椅子の上にノートブックパソコンが入っているらしく布製ブリーフケースが置いてあった。持ち主らしきひとは辺りを見渡してもみつからない。搭乗口を通る時に係りの方に「あそこに忘れ物が」と伝えていった。

 

 自分のシートに座ると果たして忘れ物を知らせるアナウンスが入ったが、聞くと忘れ物は二件あるとの内容だった。ひとつは私が届けたブリーフケース。もうひとつはチャコールグレーのマフラー。今日は忘れ物が多いんだな、と思って聞いていた。そのうちにブリーフケースは無事持ち主に届いたらしくチャコールグレーのマフラーの持ち主を探すアナウンスだけが流れるようになった。誰だよ……と思っていたのだがアナウンスが四度目が五度目になった時にふと気がついた。チャーコールグレー?

 

 確か自分のマフラーは搭乗前に鞄に入れたと思っていた。ちょうどブリーフケースの忘れ物に気がついた時だ。エディ・バウアーで妻に選んでもらったもので気に入っているものだ。多分出発の三分ぐらい前だ、通路側の方にお願いして立たせてもらい、アテンダントさんに自分のかもしれないと伝えた。

 

 アテンダントさんに前方の入り口に案内される。すると空港側からマフラーがリレーされてきた …… やはり私のマフラーだった。ひとの忘れ物を気にして自分が忘れ物をしていたのだ。しかも冒頭で書いた通りネックウォーマーを忘れ物したのが無事帰ってきて三日しか経っていない。その日は(もう俺はダメだ……)とずっと項垂れだ気持ちで関西出張のいちにちを過ごした。

 

 私が気づかずに出発時間を迎えたら落し物となったマフラーは羽田空港の忘れ物センターに送られ、あとで取りに行かねばなくなっていた。過去に羽田空港で傘を忘れて後日取りに行ったことがある経験をもつ私としては更に経験を積み重ねるところだった。ちなみに機内で忘れた場合は各航空会社の遺失物係が預かるらしい。飛行機では幸いにも忘れ物の経験がないがJR東北新幹線車内に傘を忘れた時には仙台駅の遺失物窓口に行ってしまい、そこから着払いの宅配便で送ってもらったので同じような取り戻し方になるのではないかと推測できる。東北新幹線の時は東京駅に戻ってきてから問い合わせし、思わず「新幹線に乗せて東京駅まで送ってもらって後日取りに来るってのはできないんですかね」ときいてしまったが「そんな対応はできません」と冷静に返されて仙台駅まで取りに行くか、宅配便で送るかどちらかだと説明された。それはそうだろうとおもう。JRの貨物車なんてのはあるが法人向けだし、旅客輸送が本分のJRにイレギュラーな宅配サービスの提供を求める方が間違っている。今回ももし私が気づかずに出発していたら羽田空港に取りに行くか、宅配便で送ってもらうことになったのだろうとおもう。

 

 ちなみにこの日は帰りは新幹線だったので気がついて本当に良かった……

 

f:id:mukunokiy0725:20170209225336j:plain

 

 

「落とし物を取りに行ってきた」シリーズ



mukunokiyasuo.hatenablog.com