椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

大森入新井のとりとく

 近所でお弁当を買う先の話しの続き。

 

 いかにおいしかろうとも同じ場所でお弁当やお惣菜を買っていると、飽きる。それが家で妻が作ってくれる料理と違うところ。それでも妻に頼れない時は自分で作るか、良いお弁当の仕入先を複数知っておくか。

 

 今回久しぶりに鳥徳商店さんも使った。大森駅から池上方面に歩いてきた、出土橋近くにある。出土橋は『花子とアン』のモデル村岡花子さんのご自宅があった場所に近い、古い街道沿いの、内川にかかっていた橋で今は橋は残っていないが地元のひとは地名として認識している。この橋のことは「電子雑誌トルタル」6号に書いた『母達の足許』にも登場する。

 

 街道沿いということでよくあるように商店が並んでいる。駅から離れているからかつてに比べれば店が減っているだろうがこのみち沿いには春日神社があり門前町的にもちょっと商店街の体を為している。とりとくはそのなかの一店だ。

 

f:id:mukunokiy0725:20161224162356j:plain

 

 唐揚げやもも焼きなど惣菜もあるし、弁当もある。 弁当はメガドンキ・ホーテのに比べれば少し高いが頼んでから作ってくれるので温かいのを食べられる。今回はお弁当を買っていったが、惣菜をいろいろ買って帰るのも良いかな。ただメンチカツだとかコロッケだとかだけならば桜並木沿いにある精肉店の大黒屋だとか、臼田坂下にある「のんちゃんの店」という八百屋の中にある精肉店、臼田坂上にあるオダカ精肉店、福好精肉店などいくつか思い浮かぶが弁当をやってくださるとなるととりとくさんになる。

 

 子供達の幼稚園に近く、その頃から時々買い物をする。いつぐらいから営業されているのだろう。このあたりに住まれていた子母澤寛さん、村岡花子さん、佐多稲子さんの書かれたものは読んでいるが店名をみつけられたことがない。

 

 

f:id:mukunokiy0725:20161129000930j:plain

 

広告を非表示にする