読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

2016年の東京都知事選

 東京都知事選挙の公示期間が始まっている。ここ3回の選挙でも候補者に眉を顰める感覚でいたが今回はこれまでの比ではない。私も同じ感想を持っているのだが、これまでここまで選ぶべきひとが居ない都知事選もなかったので困惑しているような意見が散見される。

 

 毎度のことながら候補者についてメモする。ちなみにポスター掲示板をみるとだいたいこんな感じで貼ってあって、曲がりなりにもポスターを貼るだけの組織力を持っているのが7名おられる。

 

f:id:mukunokiy0725:20160718163255j:plain

 

桜井誠さん

 最初がこの方か……在日特権を許さない市民の会の方だから外国籍の方への生活保護の廃止、韓国人学校の建設中止、在日韓国人の方が経営していることの多いパチンコへの規制強化、不法滞在者への規制強化などが公約。

 

鳥越俊太郎さん

 野党統一候補……。野党連合がなんでこのひとを選んだのかというと、各党・各ステークホルダーの意見の相違をグレーなまま何となくやり過ごせそうな人だという理由かという気がする。「うまく調整する」ではない。「何となくやり過ごそうとする」、つまり玉虫色に問題を先送りしそうなのだ。

 

 もし副知事に宇都宮健児さんを使うとか打ち出せていれば考えるのだけれど全くそんな気配がない。むしろ宇都宮さんの意見は一部の関係者と根本的に相容れないところがあって排除したい意向が裏で働いているのではないかと推測される。

 

 鳥越さんが言ってることがちょくちょくおかしいとか、体調が万全ではとうていないとかもあるけれど上記が一番問題を孕んでいる。チームとして機能するような体制を取れる目が著しく低いのが今見えているところから推測される状況。

 

増田寛也さん

 元建設省官僚、元岩手県知事、元総務大臣自民党公明党、日本のこころを大切にする党が推薦。

 

 山本一郎さんが増田さんが与党推薦候補に選ばれそうだとなったぐらいの早いタイミングで「岩手県知事時代に県の財政赤字を二倍にした人物を候補にするのか」と呆れた感じのことを書かれていたので調べたら、以下の記事がまとまっていた。

増田寛也「公共事業で借金倍増1兆円の過去」 – アゴラ

 

 ところが退任直後の2007年に「自分は岩手県の財政を立て直した」ってインタビューで答えている記事があったりもする。堀口晴正さんという方がインタビュアーだが一応リンクを並べておく。

【インタビュー】増田寛也(岩手県知事) 県の基礎的財政収支を私はいかにして黒字化したか:堀口晴正 | 記事 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト

 

 これはどちらかが嘘を言っているとかではなく観点が違うのかもしれない。特別会計と一般会計の違い?

 

 山中雅明さん

 茨城県古河市行政書士さん。未来創造経営実践党という政党の党首。実態があるかどうかは分からない。どうやってポスターを貼って回っているのだろう。人を雇ってやっている?

 

 FacebookTwitter のプロフィール欄に絵文字を使うのはおやめになった方が良い、とだけおもった。

 

 岸本雅吉さん

 銀座に開院している歯科医さん。政見放送以外に情報が無い。医療政策について主に言われているから鳥越さんと近しいかもしれない。この方もポスターは、人を雇っておられるのかなぁ。

 

小池百合子さん 【当選】

 実は小池さんについては、権力を求めることに強力なモチベーションを持っている印象がある。遥か昔だけど島田紳助さんが司会をしていたテレビ番組だったろうか、ゲストで出た時に政治に携わっているものとしての目標を聞かれて迷うことなく「政権を取ることだ」と言っていたあたりからその印象は強まることはあっても訂正が入ることがないと感じている。

 

 たとえば日本会議というと国内で最も大きい右派民間団体で、自分は親学というかなりいかがわしい考え方の背後にあるものとして最初認識したので良い印象を持っていないがこの日本会議の設立十周年に小池さんも祝辞的なコメントを寄せている。これは小池さんがかなり極右的な考えの持ち主だというよりは、コメントをする方が彼女が属する党の立場として良かったからではないかとみえる。

 

 また小池さんが表現規制派に属する考え方を持っているという認識があって、それは彼女がかつて青少年健全育成条例で、規制強化を内容とする請願を提出したことからきているという話しがある。以下など調べて分かりやすく書いておられる。

コミケの応援をしているという小池百合子都知事候補がなぜ表現規制派といわれているのか理由を掘り起こしてみた – script life 千夜一夜

 

 これもその時の状況では提出するのが良かったが、今選挙期間においては「私は表現規制派ではない」とアピールしたりする。その辺り彼女のなかでは矛盾はないように扱われているのではないか。

 

 この点においては鳥越さんと小池さんは同じようなものかもしれない。ただ小池さんの方が彼女自身が求心力をもってそれなりのチームを作ることが出来そうではある。

 

七海ひろこさん

 幸福実現党の比例名簿一位だったがこの党は議席を獲得していない。そのまま都知事選に出たと。2012年は幸福実現党はトクマ氏を候補に出していた。2011年と2014年は出していなかった……かな。

 

 その他何名か。

 

谷山雄二朗さん

  2011年に都知事選に立候補していて、2012年は立候補断念をされていたのをチェックしていた。Facebook をみると小規模ながら旺盛に活動されているのは見えた。

 

マック赤坂さん

 この週末、某アノマリーで銀座を自転車で移動中に彼が結構普通に演説していたのがやかましく、珍しくちょっとイラッと来たことを告白しておく。

 

関口安弘さん

 このひと……2011年、2012年、2014年とも立候補していた姫治けんじさんってひとと同一人物なのだろうか。髪型と名前を変えた理由がよく分からない。その他政策についてもほぼ分からないのだけれど。

 

高橋尚吾さん

 元派遣社員。今は自営なのだろうか。ブログと Twitter アカウントあり。

 

後藤輝樹さん

 FCブログで作ったサイトに軍服姿の写真。こういう三十代男性も世には居る。

 

 

過去の選挙についてなど

mukunokiyasuo.hatenablog.com

 

2012年の東京都知事選挙 - 椋箚記

2011年東京都知事選挙 - 椋箚記

 

広告を非表示にする