読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

ロケ地大森銀座 第三回

 2014年の年末は帰郷せず東京で過ごすこととしている。年末休みに入れば東京でも行くところはいくつも思いつくのだが、残念なことに東京では12月中旬頃から急激にインフルエンザのA型が流行し、我が家でも長男が12月17日に発熱、早々に罹ってしまった。幸い発熱の翌日にイナビルを処方されてすぐに治ったのだが、ここで人混みに出掛けて行ったらまたインフルエンザやウィルス性の胃腸炎をもらってはいけないと外出を最小限にとどめていて家でテレビばかり見ている……という年末年始になっている。

 

 で、ふとテレビコマーシャルを見ていて船橋の非公認キャラクターふなっしーが商店街を走っているというのがあった。ふなっしーが商店街を……と言葉で書いた時点で既視感を覚えるのだが実際に見た瞬間の既視感といったら。

 


白猫プロジェクトx黒猫のウィズ CM 「大感謝祭編」 - YouTube

 

 緑の柱に黄色の屋根。そして角にびっくり寿司。といったらミルパこと大森銀座ではないか。コマーシャルでふなっしーが大森銀座を走るという設定はソフトバンクのテレビコマーシャルに続いて二度目である。今年の2月に書いた「続・ロケ地大森銀座 - 椋箚記」を参照のこと。

 

f:id:mukunokiy0725:20141230233039p:plain

「白猫プロジェクト」CMの一場面のキャプション。後ろの右角がびっくり寿司である。ここは入店したことがない

 

 これまでと変わらず適度にしか人がいない商店街としてロケ地に採用されたのだろうか。お正月三ヶ日とか酉の市の時であればかなりの人出のある大森銀座だが普段上記のキャプチャーほど人は歩いていない気がする。あるいは商店街事務所の地道な営業活動が実を結んだのだろうか。

 

 個人的には同じ東京湾に面し船橋の対岸たる大森をふなっしー氏が第二の地元と認めてくれているといいななどとおもう。昨年彼が『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』という映画で日本語版の吹き替えをやった際にインタビューで「僕もファンタジーの端くれなっしー!」と返すのを聴いて(中の人頭良い人だな……)と思って以来割りと好意的な印象を持っているもので。あ、梨の妖精に中の人など居ないか。

 


ふなっしー、声優でハリウッドデビュー!実写吹き替え初挑戦で世界進出目指す? - シネマトゥデイ

 

過去のロケ地大森銀座シリーズ


続・ロケ地大森銀座 - 椋箚記

 


ロケ地大森銀座 - 椋箚記

 

広告を非表示にする