椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

手首の痛みに

 合気道の稽古で右の手首を痛めた。おそらく稽古で痛めたのだろうとおもう。稽古直後は特に異常はなく、寝る前にふと痛いのに気がついた、という経緯だったので「おそらく」。半日の時間差で症状が出てくるというのは身体の反応が鈍っている、ということなのか、神経の伝達が遅いのか、よくわからない。

 

 ただ手首の前には右の足首を軽く痛めていて、結構な頻度で稽古において軽い故障を起こすようになっている。40代も半ばを過ぎればそんなものかもしれない。

 

 痛めるたびに定期的に通っているパルモ荏原町整骨院で診てもらっている。足首はすぐに治ったのだが、右手首は痛みが去りきらないまま1週間以上時間がかかっている。

 

 最初に整骨院でみていただいた際に、施術後「あまり手首が動かないように」とサポーターを処方いただいた。初めてみる形態のサポーターで、ある程度の伸縮があって、マジックテープで止めるようになっている。これを手首に巻く。

 

f:id:mukunokiy0725:20141215231102j:plain

 

「締めすぎてむくんだりしない程度に、締めて下さい。仕事されている間はできればしておいて下さい」とのことで、これに従って仕事中は巻いたままで過ごしている。これだけのことで手首が必要以上に動かず楽になる。ちょっとごわごわしているのであまりつけていると痒くなってきたりするので時々外してはいるのだが。お陰様で少しづつよくなってきた。

 

 先週の日曜日の稽古にも普通に参加し、小手返しや二教の稽古もしたのだが、その際にはこのサポーターは外し、テーピングもしなかった。本当は相撲の力士や柔道の選手がやるように、テーピングはするべきだったのかもしれない。上記のようにかぶれてしまいそうになるというか、通気性はそんなにないので体を動かしていると蒸れてしまうというのもあり外したのだが。幸い改めて痛めてしまうようなことにはなっていないのだが。

 

 このサポーター、「bonbone」というブランド名が印字されていて、調べてみると岡山に本社のあるダイヤ工業株式会社の製品だと分かった。整骨院で使うサポーターなどのブランドであるらしい。

 

f:id:mukunokiy0725:20141215231122j:plain

 


一般の方へ | bonbone:ボンボーン

 

 整骨院用のブランドとしてダイヤ工業が出している製品群のラインナップのひとつらしい。といってもアマゾンでも購入できるらしく各種ラインナップされていた。基本的に整骨院でアドバイスとともに処方いただくのが良いだろうが、使い方が分かったら補充することもできると知った。

 

bonbone フリーサポーター ブラックA8(5×80cm)

bonbone フリーサポーター ブラックA8(5×80cm)

 

 

広告を非表示にする