読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

等々力陸上競技場に落とし物を取りに行ってきた

  9月7日の日曜日、ナビスコカップ川崎フロンターレセレッソ大阪の試合を見に行ってきた。子ども達、特に上の子がセレッソ大阪の試合を見てみたいと言い出したもので家族で、かつサッカーを見るのが好きな上の子の友達も帯同して。

 

 独身時代は長居スタジアムの年間パスを持っていた時期もあったのだが、子どもが生まれてからはサッカー観戦からは遠ざかっていた。無理して連れて行ってもあとで疲れて……とおもうとなかなか足がスタジアムに向かず専らテレビ観戦だった。ということは十年ぶりくらいにサッカーの試合を見に行ったことになる。

 

 試合はセレッソ長谷川アーリアジャスール選手の2得点に南野拓美選手のファインゴールで3ー2で勝利した。だがホームで2点差で負けていたのでカップ戦はここで敗戦となった。

 

Youtube で「川崎フロンターレ - セレッソ大阪ハイライト Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝・第2戦 ...」があったので貼っていたが現在は削除されている)

 

  それはさておき。

 

 数日後の朝、長男が「シャツが無い」と言い出した。子ども達はそれぞれ柿谷曜一朗選手とディエゴ・フォルラン選手のユニフォーム・レプリカのTシャツを等々力競技場のアウェイ席の売店で買ってその場で着替えて観戦していたのだが(本当は長男は南野拓実選手のが欲しかったが今調子の良い彼のは売り切れていたので、既に移籍済みの柿谷選手のになった)長男が着替える前に来ていたTシャツが無いという。長男は「お母さんに渡した」というが妻も私も記憶が無い。

 

 さてサッカーの試合会場で忘れ物・落とし物をした場合届けられるものだろうか……とおもいつつ、Jリーグのサイト内にある競技場の情報を参照してお電話してみた。するとそれらしい140cmというサイズのTシャツが届けられているという。

 

 間が良いとしか言いようがないのだが、この日丁度私は午前中が外出で仕事場に入るまでに寄り道が可能だった。というか無理矢理寄り道するようにして等々力陸上競技場まで歩いて行った。等々力は現在メインスタンドの立て替え工事中で、競技場事務所は外からメインを見て左手の方にあった。仮の事務所なのかもしれない。

 

f:id:mukunokiy0725:20140926000431j:plain

 

  本当にこじんまりとした事務所であって、事前の電話で対応いただいた女性が届けられたTシャツを出してくださった。あとはさして広くはない事務所に男性がひとりおられたろうか……試合日でもない競技場の事務所は静かなものだった。私が遺失物を取りに行かなければもっと静かな平日だったろうにと思いつつ確認する。

 

 このTシャツがシンプルなものだったので私も正確なプリント柄などを覚えておらずすぐに長男の忘れ物と判断できなかったのだが、電話と LINE で連絡を取っていた自宅にいる妻が最近 iPhone で撮った写真をチェック、大井町の「ブルドッグ」で食事をした時のスナップで着ていたのが写っていて間違いないと確認できた。受け取りの書類を書き、よく御礼をいってシャツを持って帰った。競技場事務所に届けて下さった方にも改めて御礼を、ここで。

 

 このTシャツ、長男としては従兄からのお下がりなのだがいたく気に入っているようでその後もちょくちょく着ている。なら忘れるなよ……というのは今だから言える説教である。

  

忘れ物を取りに行ってきたでシリーズ化できそうで恐い






mukunokiyasuo.hatenablog.com