椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

大阪市立大学合気道部OB会関東支部第二回研鑽会

 先週の土曜日、3月2日に第二回の市大合気道部OB会関東支部の稽古を行なってきた。場所は第一回と同様に足立区綾瀬、東京武道館

 当日私めは午前に長男を昭和大学歯科病院に連れて行き、逆性過剰歯のその後の状況を見て頂いていたので遅れての参加となった。約6年前の下記記事参照。

子供が逆性過剰歯だと言われたら - 椋箚記 子供が逆性過剰歯だと言われたら - 椋箚記


 本日は先輩の発案で入り身投げをひとりひと技づつ出して稽古した。上記動画は遅れてきて挨拶ののち、稽古に入る前の様子を撮ったもの。16時半から懇親会だったので録画をやめて早々に稽古に入った。

 話していて、若いOBが「合気道部での稽古で入り身投げについて、投げる時にぶつかっているのを疑問に思い質問したが、明確な答えを得られた事が無かった」というような話が出たので自分が知っていることはお伝えした。実は私も元々入り身投げに苦手意識があるのだが、大田区合気道会での稽古で教えて頂いたことでかなり改善されたように思っていて、実際この日も東京に来てからの稽古で得たことでかなりクリアに説明が出来たように思えた。ただ、技が出来ないなんてこと自体はよくあることで大きな問題ではなくて「技におかしいところがあるかもしれないと気がついても、その答えを外に求めていくことが出来ていなかったのなら、そちらの方が問題かもしれないね」という話しはした。

 懇親会は東京武道館から綾瀬駅に戻る途中にある「築地日本海」で痛飲した。当日写真など載せて良いものがあったら、ご連絡頂ければこちらに載せてしまおうとおもうのでよろしくお願いします。