椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

上関原発の建設について反対する意思を表明しておきます

 あまり練った文章は書けないので、手短に。

 山口県熊毛郡上関町祝島に中国電力原子力発電所を建設しようとしていることについて、反対の意思を表明します。

今日書けること

 ひとつ前のエントリーで東京都大田区は池上トーヨーボールの解体工事について、アスベストの除去対策が万全でない可能性があることについて書いているが、上関原発の建設についても通底する問題を持っていると考えている。それは、

 行政の不作為により、住民の利益が最優先にされていないこと。

 推進派であるとか、反対であるとかいうことではなく、原子力発電所は建設された環境に著しい害を為す、という情報が充分に共有されないまま議論が進められている。アスベストの害の大きさと、実際に行われている事前調査の甘さが釣り合っていないことが私には想起される。

 この行政の(この場合山口県の)不作為を見ていることが、現時点私が反対の意思を持つ事の最大の理由となっている。