読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

西岡さんについて

 大阪市立大学合気道部のサイト、ここのところ現役生に任せてしまっているので申し訳なく思っている。

 見るとホームのスケジュールは更新してもらっているが、別ページに作成しているスケジュール表は更新されていないので、支援しないといけないなと思った次第。

 というか、以前も同様なことを書いたことがあるのだが、ホームページを刷新して CMS で構築し直すとか、した方が良いのかもしれないという気がしてきた。ちょっとそちらにどれくらいのパワー(時間と情熱と)がかけられるか、ということになるが、ちょっと調べたり相談してみようかとおもう。納期は来年3月までとしよう。


 それはそれとして、コンテンツについてももうちょっとなにか新たに加えたいものだが、とも考えた。

 行事予定などはもちろん必要で、即時的に情報が提供されてしかるべきだとは思うのだが、それ以外になにかこれは静的に開示して残したいようなコンテンツはないのかな、と。

 ひとつおもったのが、西岡さんのことをもっとしっかり残しておけないか、ということ。

 西岡さんは、大阪市立大学合気道部の創設者である。在学中に、病気で亡くなられている。植芝盛平翁先生が来阪時の稽古では先生の模範演武の受けを取られていた、という話を私は師範の阿部醒石先生から伺っていて、もっとこの偉大な先輩について後世に残るようにしても良いのではないかと考えたりする。過度に先輩の事績におんぶするのは好ましくないが、稽古する合気道についての一定以上の質を保つための基盤として、在籍するすべてのものの矜持の源として、創立者への尊敬はあって良い。

 実は私はかなり昔に西岡さんのご実家を調べたことがある。場所は塚本の駅近く。ご実家の場所まで辿り着いたが、いったん更地にされたところに新しい家が建てられている最中だった。正確な住所情報をどこまで残せているか怪しいのが申し訳ない。

 西岡さんに合気道部を託されて初代主将をつとめられた室崎さんに、憶えておられる限りのことを改めて書いて頂くということではどうだろうか。現役生に相談のうえお願いしてもらうか、直接お願いするようにネゴシエーションしたうえでお手紙書かせて頂くか。動いてみよう。

広告を非表示にする