椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

空手部における障害事例

 こういった、スポーツの団体練習の結果として傷害事件となるような例は気になるのでつい言及。暮れも暮れ、12月30日に目にしたが二年前の2007年に起きたことだという。


高校の空手部長を略式起訴 練習中の事故で生徒に障害 - 47NEWS(よんななニュース)


 両親へ取材して略式起訴が分かったというのだが、学校側が伏せた結果そうなったのか、もともと時間が経って出にくいところ、取材側が追っていたため記事となったのか。

 それは措いて、子供の体は毎年毎年弱くなってきている。そのことはスポーツにおいては認識しておきたいし、武道や格闘技においては尚更であろうということは何度も書いてきた。それが理解できないものは指導者として落第だし、社会的制裁も受けなければならないということは、逃げられない現実。

 少なくともその現実を理解したうえで、指導にあたる覚悟は各人に求められるとは思う。嫌ならやらなければいいだけの話で。

広告を非表示にする