椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

大車輪

 今日の稽古、尾崎師範は北海道で講習会があるとのことでご不在。他の師範代の先生が稽古されると、普段されないような技を稽古することがある。例えば受身が大きくなる技であったり、違う入り方で技をしてみたり。

 今日は突きからの技で、小手返しと同じ崩しから持ち変えて相手の背後に持って行き足を払うように投げる技を稽古した(動画ないかなぁ)。先生は「呼吸投げ」、と言われていたが、大阪市大合気道部では「突きの大車輪」として稽古する技だ。

 なお私はこの技が微妙に好きで、乱捕りをやると必ずやってしまう。一度先輩に「お前わざわざそんな回りくどいのやるよなぁ」とからかわれたことがある。従って楽しかった。

 なお前週は腰投げを稽古した。道場で大きな受身に慣れていない方はドン引きしていくわけだが、私などこれまた大好きで。投げるのも受身を取るのも楽しい。

 合気落としとか……出ないか。

広告を非表示にする