椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

地域での公演劇場セットは成立するか

 島根県芸術文化センターグラントワ」について知ったあと、休暇も終わり新幹線で帰るさいに新山口駅(旧小郡駅)構内 にポスターが掲示してあってグラントワと同じ雰囲気の施設が山口市にも出来ていることを知った。山口情報芸術センター、通称「YCAM」(ワイカム)。グラントワが「いわみ芸術劇場」と「石見美術館」からなる施設であるところ、YCAMは劇場、美術館、映写施設及び市立図書館から構成されている。

 山口市は自分にとっては地元である。市内道場門の商店街のなかに亡母の実家があった。県庁所在地でありながら、地方都市の例に漏れず経済的には苦しいし、道場門前も昔に比べるとさびしくなっているはずだが、萩同様町並みが好きなまちである。

 ただ最近は山陰にある須佐の行き帰りで通り過ぎることが多い。グラントワと同様、 YCAM についても知らないでいた。

 ウェブで調べていたら、 Wikipedia には「YCAMは『音響家が選ぶ優良ホール100選』に中四国地方で唯一選出」とある。

「音響家が選ぶ優良ホール100選」とは音響家協会という財団法人が「優良なホールを賞賛する」目的で選出しているものらしい。リストを見ると、「100選」ながらまだ100に到達していない。音響家協会の全国会員または支部運営委員会からの推薦をうけ、評議員にて選出が決定されるとのことである。

 山口と益田は自動車で1時間半から2時間くらい。鉄道が「とても県庁所在地の駅とは思えない」としばしば評価頂く山口駅を擁する山口線しかないが、地方公演を行うにあたってセットで使って頂けるのではないかとおもうし、もしかしたら既にそのような例があるかもしれない。

 なんだったら中国4県で公演があるようならセットで必ず、というくらい売り出してもいいのではないかと考えるのだがいかがだろうか。
 
 セット化の一環としてグラントワも「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選出してほしいと考える次第だが、誰か日本音響家協会の会員・支部運営委員の方おられませんか?まだ100に達していないということは、グラントワは落選しているわけではなく、充分に選出の価値がありながらその評価の舞台に乗っていないだけのように考えている。