椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

2009年7月、小学生にはやる風邪

 先週長男が38度5分ほどの熱を出した。昨年の溶連菌感染後急性糸球体腎炎のこともあるのでかかりつけに連れて行ったが、インフルエンザでも、溶連菌でもないでしょう、という診断だった。ちなみに尿を持っていって検査してもらったら+-(プラスマイナス、ごくごく微量だが血液が下りている)だったので風邪が治ったら再度尿は見ましょう、となった。ちょっとどっきりする。

 そのあと次男も同じく38度を越える熱を出した。兄の風邪がうつったらしい。そもそも長男が小学校を休んだ日、5人以上が早退ということがクラスであったそうなので一斉に流行ったと思われる。ほかでも幼稚園児で38度〜39度の熱、夜になると熱があがる、といった話を聞いた。

 次男も本日は熱もさがり幼稚園に通えるようになったのだが、まだぽつぽつインフルエンザが出ているようなので、親はいちいち心配する。

広告を非表示にする