椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

光化学スモッグもどき

 午後子供たちを電動自転車に乗せて大森のイトーヨーカドーまで買い物に出かけた。雨が降るとの予報の日だったが朝からずっと降らずに来ていたので、自動車でなく自転車にした。子供たちは自転車で出かけるとなると喜ぶ。

 JR京浜東北線の線路の下をくぐり、ヨーカドーの建物が見えてきたところでふと前の補助椅子に乗っていた長男が「きりがでてる」と言い出した。雨は降らないながら雲が出ていて、ちょっと霞んでいるようにも見える。「これくらいは霧とは、言わんけどなぁ」といいながら自転車をこいでいると今度は「めがちかちかする」と言うのではっとした。

 最近「光化学スモッグ警報」なんてのは聞かないが、実は警報が出てたりするんじゃないだろうか、と心配になった。思えば馬込からヨーカドーに行くには、環七通りを越えて、第一京浜道路に向かっていくのだから空気がいいわけはない。

大田区ホームページ:大田区の大気


 買い物というのはプールの季節が始まるので長男のためにゴーグルを。選んだら雨が降りだす前に、と帰った。馬込に戻ってきたら「もうめはちかちかしない」と長男がいうのでほっとした。

 でも、上記大田区のサイトにある情報にあるように、幹線道路沿いは常に空気の汚染度が高いのだな、と再認識した。だから自動車で出かけるんじゃ本末転倒だが、自転車で出かけるのにも方向を考えなきゃいけない。


上記大田区サイトにアップされているグラフ。第一京浜沿いでかつ工場地帯に近い大森西は数値が高い。

広告を非表示にする