椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

メンチカツとチョコレートケーキで過ごす谷中

 5月に入っても高速道路の混雑は続いているようで、遠出の予定はない。それでも今日は久しぶりに谷中に出かけた。電車でなく、自動車で出かける。

 首都高速も使わず、地道を迷走しながら谷中小学校近くのパーキングに車をとめて谷中銀座に向けて歩いていった。

 谷中銀座は以前行ったことがあるので、家族を連れて行くにもなにかネタがいる。ANAの機内誌に、谷中墓地近くに稲村省三さんというパティシエの方の店があるというので連れて行ってみよう、と話して行った。

 谷中銀座にお昼前についたのだが、お惣菜やさんに列が出来ていた。1店は以前もコロッケなど買ったことのある「いちふじ」という店と、斜向かいあたりにある「スズキ」という肉屋さん。「いちふじ」が写真撮影一切お断りなので、写真がない。

 家内が「いちふじ」に、私が「スズキ」に並んでそれぞれメンチカツなどを買った。商店街でメンチカツを買ってそこら辺で食べる、ちうのは我が家の買い食い黄金パターンである。近くの路地に座り込んで(路地に住んでいる方が来られませんように)と祈りながら家族四人でメンチカツやから揚げ、他の店で買った焼おにぎりを食べたのだが、圧倒的に「スズキ」のメンチカツの方がおいしかった。

 谷中銀座にはもう1店、「サトー」という肉屋もメンチカツをやっているが、こちらは時間が決まっていて今回も買えなかった。今度は「スズキ」と「サトー」で食べ較べをしてみたい。「サトー」の隣にある「越後屋酒店」は店頭でビールやラムネを売っていて、ビール片手にメンチカツを食べて楽しむ人がいた。本日は自動車なので我慢し、子供たちにラムネを買ってやった。

 そのあとJRの日暮里駅の方に歩いていった。日暮里駅から谷中銀座の方に行くとすぐ、「セブンイレブン」がある。そこで路地に入っていくと稲村省三さんの店がある、と覚えていたのだが、探すまでもなくすぐ見つかった。白い壁のガラスバリの明るい店で「ショコラティエ イナムラショウゾウ」という店名。あまりにすぐ見つかったのでおなかがすいておらず、チョコレートケーキを3つ買って帰った。家内が「ブラックダンディ」というのを選んだが、これが一番当たり! と言っていた。

 そういえば折角谷中に行ったのに『谷根千』を買ってくるのを忘れていた。この夏で刊行が終わる予定のはずだ。