椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

インフルエンザがやってきました

 本日は東京慈恵会医大付属病院に定期通院。

 一方、長男が夜になると熱を出すのが2日続いたので家内が大森日赤病院に連れて行くことに。家族総出で病院に行っている様相だ。

 私は前回通院前は不安定で、通院の目的である胸痛を複数回感じていたのだがその後は症状が出ていなかった。想定どおりの時間に御成門をあとにする。

 長男はというと、検査の結果インフルエンザのA型との結果が出てタミフルを処方されたとのこと!

 次男は先週から2度検査を受けていたのだが、インフルエンザは陰性だった。長男は幼稚園のクラスで既にインフルエンザのA型で休む園児が出ていて、うつってもおかしくないがマスクをさせて登園させていた。感染していても熱が出ていないこともあるようなので、やはり登園バスか幼稚園でうつったと考えていいようだ。

 タミフルは十代に処方した場合、異常行動が出ることは周知のことである。ただ日赤では「タミフルと異常行動に関係はない、異常行動はインフルエンザの症状と考えられる」と説明されたとのことだった。日本小児科学会は「関係ない」との公式見解を出しており、おそらくそれに沿った説明かとおもわれる。

 ただし厚生労働省は10歳以上の未成年者への使用は注意を喚起しており、それは意識しているようだ。10歳以下の児童についてはリスクが低いとおもわれるので、あまり考えなくてよいということだろう。

日本小児科学会 | 最新情報(日本小児科学会におけるタミフルに係わる事項についての見解(3)平成20年1月27日)

 ただそれでも心配なので、長男には家内か私のどちらかがついておくことにした。インフルエンザ・ウィルスが滅するまで3-7日かかるということだから、今週はずっと家内がついているようなことになる。平熱になっているので、おとなしくさせる方が大変なくらいだとおもうのだが。今週は泊まり出張の予定があるのだがはて、どうしようか。

 次男は咳がでる以外元気なので幼稚園に行かせようとおもっている。こちらもどうなるか。

 ちなみに家内も年末からずっと咳が止まらないので、Kクリニック山王に行って診察及び投薬してもらってきた。家族総出で薬をのんでいるような状態になっている。