椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

南馬込のこどもみこし

 先の週末土曜日と日曜日、近所の北野神社の秋祭りだった。14日の日曜日は子供みこしと山車が出るから、子供たちに山車を引かせに連れて行った。

 一昨年には同じく山車を引いたが、そのあと身内に不幸があったので神社さんは遠慮していたので久しぶりになった。その時は神社からいちどバスどおりに出て、萬福寺前まで来たところでお昼になり、家に帰ってしまった。私はそのあとのみこしルートは、すぐに曲がって北野神社に戻るのだと思っていたのだが、今回もうちょっと長い距離をついて回って、そんなちゃちなもんではないということを初めて知った。

 なんと10時に神社を出て、萬福寺前から環七をわたって馬込銀座の商店街まで周り、神社に戻ってくるのは15時半ごろになるという。こどもみこしの行程が5時間半! 地図に示してみると下記のようになる。


大きな地図で見る

 みこしはあちこちに休憩所がもうけられていて、こどもたちはお菓子やジュース、カキ氷やアイス、スイカやなしと様々なものが振舞われる。おとなにもビールが出たりする。萬福寺前ではおにぎりなんかも出る。それが目当てでこどもも親も集まってくるのだが、一昨年と変わらず豪勢だった。

 ただ天気も良すぎてこの長丁場。私は途中自分のトイレでいちど家に帰り、長男がトイレに行くというので家につれてかえり、次に次男にを同様にトイレにつれて帰り。ところどころで休憩しなければ、シュースやお茶をもらえる分トイレに行きたくなるは疲れるはで持たない。

 今回は馬込銀座を過ぎて環七沿いに南に行ったあたりでついに子供たちが「かえる」と言い出し、他の幼稚園ともだちとついに引き返すこととなった。みこしはそのあと山王から環七を渡って南馬込側にもどり、神社に戻るルートだったらしい。

 さらにあとで聞くと、神社に戻ったあと7時ごろから境内でビンゴ大会があり、これがまた人気であるらしかった。来年いくようだったら、綿密に計画をたてていくことにしよう。

 写真は最初の方、バス通りに向かう途中の下川石材店前。

広告を非表示にする