椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

『息長川ノート』を執筆しはじめました

息長川ノート

マチともの語り」で『息長川ノート』を書き始めた。下記は本編の第一回。

唯一の場所-息長川(おきなががわ)ノート by 椋 康雄

 中九兵衛さんから『於吉奈我河考』を献本頂いてからまる二年経っている。なんと時間がかかったが、これからも時間がかかりそうな気がする。いろいろな人の著作の中を読みながら進めるだろうが、執筆や読書、本を取り寄せるのに使える時間が限られている。なんとか二年以内にまとめてしまいたいと考えている。

 大阪の川がテーマであるとともに古典のなかに書かれていることがテーマでもあるので、広く読んでいただいて指摘あるところは容赦なく指摘頂ければ最終的によいものになると考えている。

 中九兵衛さんにもお礼を兼ねてご連絡取らねば。


(いままでの関係する書き込み)
於吉奈我河考(中九兵衛氏著) - 椋箚記
於吉奈我河考2 - 椋箚記
移動距離の長い金曜日 - 椋箚記
年末 - 椋箚記