椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

チラシづくり

 前日の続き。

 電子書籍といってアマゾンや楽天に出ているわけでもなく、せめて理想書店のページを元にリンクを作成することにした。実際に使ってもらえるかどうかは別にして、下の様にイメージつきで情報貼り付けられたらよろしいのではないかと。



















 猫間川をさがせ
猫間川をさがせ 大阪の人たちからも忘れ去られつつある猫間川を巡る記録と記憶



タイトル : 猫間川をさがせ

著 者 : 椋 康雄

発 行 : 有限会社 眺

価 格 : 525円 (税込)


 商業の中心地として栄えた近世の大阪はまちに堀川が巡らされ運送路として利用されていた。近代都市化のなかでそれら堀川には埋め立てられて姿を消したものも多い。西横堀川、長堀川、蜆川、鯰江川……。それら埋められた川のなかで唯一、自然河川でありながら現在完全に埋め立てられて姿を消した川がある。


 これをURLで表示したのが下記。長ったらしくなるので実用的ではないが、まずはここに置いておいて。とりあえず自分で貼れる場所を考える。

「マチともの語り」としての我々としては、電子書籍で成功事例を作りたい訳なので、この電子書籍を携えてネット上なり現実の場所なりどこに出かけていってどんな反応を起こすことができるのか、試してみようと考えているところ。





<table width="500" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0">
<tr>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
<td colspan="3" align="left"><font size="4" color="#333333"><strong> <A HREF="http://www.dotbook.jp/dotbook/details.php?id=machi_00037" target="blank">猫間川をさがせ</A></strong></font></td>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
</tr>
<tr>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
<td align="center" valign="middle"><A HREF="http://www.dotbook.jp/dotbook/details.php?id=machi_00037" target="blank"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/item_images/machi_00037.jpg" alt="猫間川をさがせ" vspace="8"></A></td>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
<td align="left"><font size="2" color="#333333">大阪の人たちからも忘れ去られつつある猫間川を巡る記録と記憶<br>
<br>
タイトル : 猫間川をさがせ<br>
著 者 : 椋 康雄<br>
発 行 : 有限会社 眺<br>
価 格 : 525円 (税込)<br></font>
</td>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
</tr>
<tr>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
<td colspan="3" align="left"><font color="#333333" size="2">
 商業の中心地として栄えた近世の大阪はまちに堀川が巡らされ運送路として利用されていた。近代都市化のなかでそれら堀川には埋め立てられて姿を消したものも多い。西横堀川、長堀川、蜆川、鯰江川……。それら埋められた川のなかで唯一、自然河川でありながら現在完全に埋め立てられて姿を消した川がある。</font>
</td>
<td bgcolor="#DADEDE"><img src="http://www.dotbook.jp/dotbook/images/spacer.gif" width="1" height="1"></td>
</tr>
</table>

広告を非表示にする