椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

戸越銀座の事件

 昨日谷中や巣鴨での遠出散歩から帰ってきたら、家内のお姉さんから電話をもらった。戸越銀座で通り魔が出たらしいがあんたら大丈夫か、ということだった。義姉が東京に来た時、自動車で第二京浜を行き戸越銀座の側をしばしば通り過ぎたもので、すぐ近くだと覚えていて心配して下さったらしい。感謝。方向違いに出ていたため帰宅するまでは知らずにいた。

 テレビをつけてもニュースなどやっていないのでそんなにおおごとにはなっていないようだと思ったが、検索してみた。

 TBSの動画ニュースが視聴できたが被害者は2人で軽症、あとは服が切られただけで外傷はなかったとのこと。

 犯人は高校生で捕まっていて「誰でもいいから皆殺しにしたかった」という供述が一言一句違いなければそもそも日本語が使えていない。「誰でもいいから近くにいる奴は皆殺しにしたかった」だったら意味が通るし怖いけど、どうも殺人に憧れただけだったようだ。

 それでももし被害者が子供だったら危害を加えられたかもしれず、ひとりを害することに成功していたら大量殺人者に変貌していたかもしれない。それをおもうとやはり、怖い。

 今日はうちの子らは近所の子供たちと家の前で遊んでいたが、常にちかくにいるようにしていた。

広告を非表示にする