椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

無謀なTOEIC

 全く自分の意思とは関係なく、かつ試験勉強をせずにTOEICを受験した。

 仕事場と同じ建物の中で受験できたのだが、飛び込みでレビューや問い合わせ対応をしているうちに時間が来てしまい、呼び出しをくらって慌てて試験場に入ることとなった。試験のガイダンスなしで、ひとことだけ注意を受けてあとは勘でスタート。

 当たり前ながら、前半のヒアリング試験は嘘でもマークシートを塗っておけばいいのだが、後半の筆記試験は最後までいかなかった。筆記部分の1/3は残っていたのではないだろうか。当然、合格するはずもない。

 再受験はあるのかな。

広告を非表示にする