椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

AFCアジアカップ 2007 日本対オーストラリア

 家内が珍しく長男の幼稚園ママたちと夕方から飲み会(うちの家内は飲めないのだが)に出かけた。カレーとマカロニサラダを作ってくれていたので、それを子供たちに食べさせ、歯を磨かせる。風呂は家内が入れてくれた。先週のポケモンサンデーを見ながらまず、次男が寝る。しばらく長男は私にじゃれ付いていたが、一緒にベッドに横になり、『ぐるんぱのようちえん』を読んだら寝てしまった。

 この日はアジアカップのオーストラリア戦なので、起きてきてそれを見ていた。予想以上に人数で守備をして、カウンター狙い。フリースローフリーキックと変わらない脅威であるところも相変わらず。

 先制されて、そのあとすぐに取り返したのは見事だったが、あとは何やってんねん、という時間帯もあった。特に遠藤選手……まぁ、本当にボールの出し所がなかったのだろうけど。選手交代を使わなかったのは、戦略もあるのだろうが、何年か先まで見通してそうしているように見えた。

 オシム監督はPK戦になったら引き上げてしまったことがあるとは聞いていたが、今日もロッカーに引き上げてしまった。もっと厳しいことをいうかと思ったが、コメントではそうではなかったようだ。PK戦を制して日本が準決勝に進む。

→「スポーツナビ|試合速報/詳細|日本 対 オーストラリア −AFCアジアカップ 2007−