椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

万福寺散歩

 午前中は用事で外に出ていたが、雷と結構な土砂降りで難儀をした。午後は家族で大森海岸イトーヨーカドーに、自動車で買い物に行った。

 帰って早めの夕食を済ますと、日が長くなっていてまだ明るい。子供たちがちょっと外に行きたいと我儘をいうので、天気が良くなっていたこともあり2人を連れて近所を散歩した。

 本当は家の周りくらいのつもりでいたら、長男がこっちへ行きたい、と表を歩き出す。万福寺に行ってみるか、というとついてきた。

 先日、万福寺の墓所にある松旭斎天勝さんのお墓のことを書いたところだったので、その前を通って行った。

 境内を抜けて、しんめい公園の方へ歩いていき、そこでいっとき遊ぶ。それは良かったのだが、ちょっと目を離した瞬間に長男が公園の入り口の車止めから真後ろに落っこち、頭を打って泣き出してしまった。路肩の角になったところが近かったのでひやっとしたが、平らなところで打ったらしい。公園の近所の方が、親切に保冷剤を「持って帰っていいから」と貸してくださったのでありがたくそれで冷やす。

 その後私もトイレに行きたくなったので、元気を取り戻した長男に文句を言いながら歩いて帰った。

 

広告を非表示にする