椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

銀行口座を離れた土地で開設することはできるのか

 蓄膿症(副鼻腔炎)の検査のため、CTスキャンの検査を東邦大学医療センターで受けた。検査自体はすぐに終了。結果は次回の診察の時にでるので、仕事場に出るまでの少しの時間を使って、大森駅前で銀行巡りをした。「大阪市立大学合気道部の口座」を開設できるか、確認するためである。



























銀行名 居住地と離れた支店での口座開設 自動送金
りそな銀行 不可。開設者の銀行印・本人確認資料原本持参が必須 毎月でないと不可
三菱東京UFJ銀行 メールオーダーで可。ただし、居住地の近くが基本 確認せず
三井住友銀行 不可。開設者の銀行印・本人確認資料原本持参が必須 確認せず
みずほ銀行 メールオーダーで可。居住地の最寄でなければリジェクトの可能性 毎月でないと不可

 どこの銀行も、番号カードを取るところで迷った時点ですぐに係りの方が来て、用件を聞いて下さる。ここら辺のユーザーサポートは、レベルが高いのを改めて確認した。みずほ銀行では、なぜか番号が飛ばされてえらい待たされたけど。

 OB会費の自動送金については現役生も確認していてくれたが、やはりむずかしそう。

 結果、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行でメールオーダーの申込書を書き現役生に郵送、押印してもらって投函することにした。マネーロンダリングだの振り込め詐欺だのの対策で口座開設が厳しく、スムーズにはいかないかもしれない。