椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

僕のツボにはまったピン芸人

 昨日は子供も病み上がりだったし、雨もひどいし、外に出ず家で過ごした。

 夜、「R-1ぐらんぷり」をテレビでやっているのを見つけ、家族で見ていた。M-1はわざわざテレビの前に正座して見る感じだが、R-1は初めてちゃんと見た。なだぎ武がチュートリアルの徳井義実(ヨギータをやったのかな?)を同点優勝にしたらええんちゃうの、という僅差で下して優勝。彼、昔はコンビの漫才師だと思ったけど、なんてコンビやったかなぁ、と思って調べたらすぐに出てきた。「スミス夫人」だ。

 さて、この日私のツボにはまってしまい、抜けなくなってしまった芸人さんが居た。上記二人ではない。その他決勝に出ていた面々でもない。

ムーディー勝山」である。

 別のお笑い番組に出ていたのだが、訳が分からない。何が右からやってくるのかさっぱり分からない。下らないことこのうえないのだけれど、耳に残る。私は本日、仕事をしながらずーっとムーディー勝山の歌声がなんとなく頭の中を回るという苦しい状態で過ごした。

 次の動画を見たところ、どうも本人はこれらの歌をまじめにつくって歌っている風で、そのギャップがツボに入ったらしい。R-1にもちゃんと出場していたらしいのだが、私が見ている時には唄っていなかった。


(追記)
 その後、ピン芸人だけでなく、漫才コンビのボケもされていること判明。ネタは見ていない。

広告を非表示にする