椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

夏爐

 以前のドリコムブログ上の「椋箚記」にコメントを頂いた。

→「夏爐のレモンライス

 内容を読んで衝撃。杉本町大阪市大キャンパス近くにある、「夏爐(かろ)」という喫茶店があるのだが、閉店するという! 以下転載させて頂く。







初めまして。ネットで検索して来ました。
夏爐が3月でなくなるのはご存知でしょうか?そこでお別れライブを企画しましたので告知させて下さい。

来週の18日(日)に、神戸の唄うたい・おーまきちまきと東京のピアノ弾き・HALMA GENによる、ぼくとつさがウリのユニット・はるまきちまきがライブをします。ラジオ大阪やKTVテレビ、産経新聞の取材も来るとの噂。チケットもソウルドアウトのようで、なんだかすごいことになりそうです。床が抜けなければいいけど、おばちゃんの体力も心配です・・・
詳細は→ http://homepage2.nifty.com/rojyonotabibito/newp54551.htm

24日には朝日放送で夏爐の紹介もあるようです。
貴重なスペースお借りし失礼しました m(_ _)m
Posted by:路上的旅人  at 2007年02月10日(土) 18:19


 調べてみると、この情報は大阪市大生及びそのOBに衝撃を与えているらしく、お客様が増えてしまいおばちゃんが更にへたって居られるとのこと。もし私が在阪でこの情報に接していたら、間違いなく家族を連れてレモンライスか鳥唐揚を食べに行っていたとおもうので無理も無いが、くれぐれもお大事になさってほしい。

 コメントを頂いたエントリを書いたのは、喫茶店「OB」(定食屋の「はやし」の右隣)のおばちゃんに再会を果たし、足を悪くしてもうお店が出来なくなっていることを書いたのと同じ時だった(→「杉本町「OB」のママの近況について」)。亡くなった夏爐のマスターも糖尿病で足を切断されていたとのこと。何の因縁か分からないが、確実に時間は過ぎ、人は老いているのだ。

 コメントを頂いた「路上的旅人」さんのページには、こんなページも見つけて読ませて頂いた。大阪市立大学の在校生・OB及び関係者は全員読め(命令形)。このようなページが書かれて公開される店というのは、幸せだとおもう。「閉める」といっても、近くのお店が買い取って続ける話もあるようだ。ただ、あのレモンライスは食べられなくなる。それでも、この文章を読めば、あの店で時間を過ごしている自分を思い出せるはずだ。

思い出のレモンライス

広告を非表示にする