椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

大田区中央の火事

 咳が一向に収まらず、昨晩からまた頭痛がしてきて、今日は通院と休養のため仕事を休んだ。すずきクリニックに行き、今度は抗生剤を含めた薬を処方して頂くこととなった。

 私は家で休んでいたのだが、家内は子供たちを連れて、ご近所さんと出かける用事があった。帰ってきたら、「火事に遭った!」とのこと。

 家内たちはバスで出かけたのだが、途中で「見たこともないスピードで」消防車が追い抜いて行き、臼田坂下がその火事現場だったため緊急車両が殺到しており、バスが立ち往生してしまったのだとのこと。結局そこでバスを降りて歩いていったらしいが、一緒に行ったKさんの坊や(先日あべ耳鼻咽喉科で一緒だった坊やだ)は火事の煙や周りの雰囲気、上空のヘリなどを見てしばらく泣いていたとのこと。うちのチビどもはそこは平気だったらしい。

 この火事は一人お年寄りがお亡くなりになり、各局の夜のニュースや翌朝のワイドショーでも取り上げられることとなった。

東京新聞の記事「高齢者住宅燃え、2人死傷 約20人は避難し無事」

 つい先日、大森駅前で消防車がやってくるところに遭遇したばかりで、うちも気をつけなきゃ、ということだな、と家内と話している。

 夜もまだ咳止まらず。さすがに二週間咳が出っぱなしだとしんどい。

広告を非表示にする