椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

掲示板の使い方

 自分も感染性胃腸炎で寝込む少し前、大阪市大合気道部ウェブサイトの掲示板に、次のような書き込みがあった。







投稿者:竹田
投稿日時:2006/12/19 11:23:15

                                                        • -

 こんにちは、吹田道場の竹田です。今日はお願いがあって
書き込みをします。

 最近ノロウィルスや風邪など、感染する病気が流行っています。
たとえ症状が軽くても、阿部先生を始め道場の方々にうつす恐れがあるので、
感染する病を罹患している人は、無理をせず道場に来ないよう
心掛けてください。

 時々、「滅多に行けない道場だから多少無理しても今日は行く!」とか、
「軽い風邪ぐらい道場に行って稽古すれば治る」などと思っている人が
居りますが、はっきりいって大変迷惑です。今後そのような人を
道場で見かけたら、稽古前に帰ってもらいます。

 以上、主将を始め幹部の人達は、時おり大学の稽古時に
後輩や先輩に周知徹底して下さい。

 ではよろしくお願い致します。

 ごくまっとうな配慮。特に、阿部醒石先生は高齢であり、感染は絶対に避けなければならない。木下先生にも、ご迷惑かけてはいけない。

 ただ、この文章で引っかかったのだが、「大阪市立大学合気道部の」掲示板で






「軽い風邪ぐらい道場に行って稽古すれば治る」などと思っている人が
居りますが、はっきりいって大変迷惑です。今後そのような人を
道場で見かけたら、稽古前に帰ってもらいます。

 という書き方をする、というのは、大阪市大にそういう特定の人物がいるということ? それとも、大阪市大の合気道部員が道場にあまり行っていなくて、一般的なことを広報するために、あえて強い表現で書いたということ?

 私も道場にいけなくなって久しいので、竹田さんの名前と顔がちっとも一致しない。そのためなんともいえないのだが、もし後者の理由で書かれたのだったら、現役大学生で風邪などひいていない部員は、もうちょっと道場に通って下さい、ということになる。

 もし行っていてこう書かれたのであったなら、この伝達に掲示板を使ったのは不適切だ。面と向って伝えるとか、電話するとか、せめてメールにすべきだろうとおもう。道具の使い方を間違えると、求めた成果は得られない。我々は、なんとしても阿部先生を病気から守りたいのであって、その目的に特化しないと意味がなくなる。

 掲示板に返信を書けばいいんだろうけど、道場から遠ざかっているものなので、ちょっと離れたところでひとりごちることとした。

広告を非表示にする