椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

知覚過敏

 まだ歯医者に通っている。

 先週金曜日に行き、次の予約も入っている。虫歯の治療は1回の施療で済んだのだが、歯石を取ってもらってから下の前歯の内側が、水を飲むときなどしみるようになり、知覚過敏ということでひきつづきみてもらっている。

 歯というのは、エナメル質で覆われて守られているのだが、例えば歯茎が衰えて落ちてくると、エナメル質で守られていない部分が露出してしまうことになる。そういう理屈で、知覚過敏は起こるのだ、と説明された。

 まさか、歯石を削る時に一緒にエナメル質まで削られたんじゃないだろうな、と下衆の勘ぐりをしてしまったが、上の歯の外側の歯石除去の際、ちょっと機械が触れただけで強烈にしみたりしてまともにやってもらえなかったりしたので、どうも年齢が口に出ているのかもしれない。

 かくして、先週からアース製薬から出ている「薬用シュミテクト」を買って使用するようになっている。

広告を非表示にする