椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

帰りの新幹線

 須佐から東京へ移動。行きと同様新幹線だったが、今度はグリーン車でない、普通の指定席が取れた。

 参列席の窓側ふた席をとり、家族四人(子供たちは膝に座らす)で使ったが、グリーン車と比べるとその狭さが際立つ。通路側は新大阪から座られたので、トイレなどに立つ時はいちいち立って頂いて出ないといけないし、両側二列で前の席との間も広いグリーンとは快適さでだいぶ差を感じた。しかも、どうしたものか結構車両が揺れた。天気のせいか、車両の性能かは定かでない。

 新山口から品川までだと、いろいろなひとが乗り降りする。自由席がいっぱいなのでつい指定席に座りにきた中国の方らしい4、5人連れ。天井に頭がつきそうなくらい長身の男性(欧米の方のようでした)。

 品川で降りるときは、何人か同じプロジェクトで仕事しているらしい方々が座っておられ、私が抱いていた次男の顔をみて「あなたのなまえはなんですか?」と聞いてこられた、インドの方らしいビジネスマンが居られた。次男が挨拶したり、愛想をふりまくと喜んでおられた。私の父親は幼いころ進駐軍の兵士に可愛がられたそうだが、その血だろうか。

広告を非表示にする