椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

荏原町駅前の「斗樹」

 先日家内と子供たちが、ご近所さん(長男が歯ブラシで喉をついた事件の時、次男をあずかってもらったお宅)と二子玉川の「ピアレッテ」という遊び場に行った。荏原駅前まで東急バスで出て、東急大井町線で行ったのだが、家内は荏原町駅前にある「斗樹」というラーメンやさんが気になった。実際その時はすぐ近くのたい焼きやさんに寄ったのだそうだが、そのラーメン屋に行ってみることにした。

 このラーメン屋、大森駅の北口の改札を出て左側にもある。チェーンかとおもったら、あとは神田に店があるだけらしい。博多ラーメンの店のようだ。私と家内はそろってラーメンは博多ラーメンが一番、という舌のものである。

 とんこつラーメンとつけ麺をひとつづつ頼み、片方を餃子とご飯つきのセットにした。白いご飯を見て、めんたいこを追加。

 味は‥‥「普通」と思いました。つけ麺はのりがたっぷり振ってあるのが、つけ汁でひろがっていい匂いだったのが好印象。子供用の食器を出してもらったら、いまいち綺麗でなかったのでちょっと悪印象(拭いて使いました)。

 このあと買い物をし、帰りについたい焼きやでひとつ、「お好み焼き」のたい焼きを購入、さらに横の惣菜やでメンチカツを購入。結果、食べすぎました。

 お好み焼きのたい焼きというのがなかなかうまくつくってあったが、メンチカツは甘い! どうして東京のメンチカツはどこも甘いのだろう、と家内と話している。

広告を非表示にする