椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

国立駅の駅舎

 昨日次男をお風呂に入れていたら、テレビニュースを見ていた家内が「国立の駅が建て直されるので、お別れの撮影会があったんだって」と教えてくれた。

 国立は昨年、「間違えて」家族とでかけた(→東京西部で、迷子になる午後)。そして、私が大阪市立大学の学生だった頃、旧三商大戦(一橋大学神戸大学大阪市立大学の合同練習)は国立の駅を訪れていたので、国立の駅舎を含む風景は懐かしい。建て替えというのは、中央線が高架化されることによるらしい。高架化というとどうしても風景は変わってしまう訳で、惜しいような気になる。確か国立の町は、高層マンションの建設反対があったのではなかったか(→ウィキペディア)。

 どこかに写真を残していないかとおもいながら見つけられないでいるのだが、国立駅前はいい感じの住宅街であり、いい感じの学生街だ。杉本町駅前しか知らなかった一回生の時の私は、国立駅を歩きながら、絵に描いたような学生街だなぁと内心感嘆していた。

 さて今年は身近な杉本町での旧三商大戦の開催。ちょっと私事に捕らわれている間に日程が迫ってきた。今月14、15日の週末である。

広告を非表示にする