椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

井の頭公園で花見

 週末の4月1日、家族で井の頭公園に花見に出かけた。

 実は元々は花見目的ではなく、私が買い物に行きたい、と言ったのが発端だった。ここ数年、でかいシステム手帳を持ち歩いてきたのだが、ちょっと方針を変えようとおもい、新たに手帳を買い直そうとおもったのだ。そして「ほぼ日刊イトイ新聞」で「ほぼ日手帳」というのが出されていて、これがいいなとおもったもののネット販売は終了している。よくよくサイトを読むと「ロフト」各店で販売されているらしいことが分かり、買いに行きたくなった。

 ただ、子供たちを連れて渋谷、新宿、池袋など人ごみのすごいまちのロフトに行きたくないな、と思い、同じまちなかでも趣向を変えて環七を北上し、吉祥寺に言ってみようと家内にプレゼンテーションしてみた。「井の頭公園が近くだけど」と。

 かくして買い物の優先順位は落とされ、自動車を井の頭公園そばの時間貸し駐車場にとめ、「ローソン」で弁当を買って花見となった。

 枯れ芝が風に舞うのと格闘しながら食べ終えたら子供たちのリクエストで、自然文化園に行った。つまり、動物園。子供たちはふたりとも初めての動物園ではないだろうか。こちらも綺麗に桜が咲いていた。

 最後に吉祥寺のまちをあるいて「ロフト」に行き、無事緑のほぼ日手帳を購入したのだが、途中面白そうな店になんどか行き当たった。

1)焼き鳥の「いせや」
  なんでこんなに並んでいるのだろうかというくらい人だかりがしていた。花見客の買出しなのだろうかと思ったら、どうも有名な店らしい。

2)松阪牛専門店「サトウ」
  ここも行列。メンチカツが人気らしく、辺りを見ていてどうもテレビでみた覚えがある店。うちの夫婦はメンチカツの買い食いが好きだが、とても並べないので晩御飯のカレー用にとんかつとミートボールを買って帰った。

3)Tシャツやさん
  露天のTシャツやさんで「こどもが昔の仮面ライダーのお面をかぶって、三輪車をこいでいる」というとぼけた絵のサイズ90のシャツがかけてあり、あまりにかわいかったので家内が購入してしまった。この春から夏にかけて次男が着る予定である。



 以下は余談だが、翌日のテレビニュースを家内が見ていたら上野公園、井の頭公園、墨田公園といったところで花見が盛大に行われたことが報じてあったが、夜は酔客がケンカはする、ゴミは置きっぱなし、ということで井の頭公園だけでも一晩で4トンのゴミが出たというようなことが報じられていたそうだ。

 井の頭公園や上野公園は「恩賜公園」、つまり天皇陛下が下された公園、ということになるので、そこでなんともひどいありさまではある。もともと天子様のものは河原なんかがそうなように誰のものでもなく、非公式なものが存在できたりするのでその名残の一番酷い例がこの花見なのかと私は思ったりするし、人によってはもっと皇室を敬う教育をするべきだ、と憤慨するのかもしれない。少なくとも、品性を保てないものたちに夜の公園を提供することはない、とは言えるのではないか。新宿御苑は17時で閉園されるのだそうで、他の公園もそうすれば良かろうとおもう。飲みたいやつは居酒屋で金を落としていけばいい。

広告を非表示にする