椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

グルダのモーツァルト

 先日、フリードリッヒ・グルダというピアニストがミュンヘン・フィル・ハーモニック・オーケストラと競演してモーツァルトを弾いているDVDをネットで購入した。だいぶ以前にほしいけどAmazonではずっと在庫切れになっている、と書いたことがあるDVDである。実は現在も在庫切れ状態は変わりなく、今回は楽天に出ているのを見つけてで購入した。購入後こちらも「取り寄せ必要」になってしまった。



楽天の商品情報


 オーケストラとの競演というので堅苦しい感じを想像していたが、グルダは長袖のTシャツに縁なし帽というラフな格好、オーケストラもノーネクタイという楽な感じのコンサートだった。指揮者が別に居るのかと思ったら、指揮もグルダがやる。プロの指揮者と比べたら、というのはあるのかもしれないが、全体的に楽しげな雰囲気に感じる。ライナーノーツを読んでいたら、作曲者のモーツァルトも指揮者とピアノ演奏者を同時にやることがあったのだそうで、そこからこのような形式のコンサートになったのかもしれない。

 実は我が家には現在DVDを再生できる装置が自動車にしかなく、他のDVDと合わせて自動車に積んである。子供たちはたいがいアンパンマンやきかんしゃトーマスを見ているが、隙があったら私がこれらモーツァルトなんぞのDVDに変えている。

 自動車は日曜日から車検に出していて、DVDたちも自動車ごと第二京浜(国道一号線)沿いの南馬込にあるオートバックスに行っている。明日には戻ってくる予定である。急な車検依頼なのに、運もあったのか予定よりも早く仕上げて頂いたらしい。

広告を非表示にする