椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

わんわんと写真を

 以前から予約していた、東雪谷にある「あけみこども歯科」に長男を連れて行く。フッ素塗布のためである。長男は上新田にいる時に桃山台のビーバー小児歯科にお世話になり、その時に小児歯科専門医にかかりつけをお願いした方がいいようだ、ということを親としては思っていた。東京に来て小児歯科を探したところ、みつけたのがあけみこども歯科である。南馬込から東雪谷までは、自動車で15分〜20分くらいで行ける。

 東雪谷は「ひがしゆきがや」だが、最初「ゆきたに」と読んでいたくらいでどんな場所かしらなかった。行ってみると閑静な住宅街である。あけみこども歯科は細い路地を入ったところにあり、普通の住宅と見まがうようなたたずまいだが、ドアにはちゃんと看板が掛かっている。丁度次男が寝ていたので、家内と長男で病院にいった。私はそこから崖下になる、雪谷八幡宮近くの駐車場に車をとめて待っていた。

 家内によると、評判どおり丁寧に説明してくださり信頼できそうだったとのこと。今日は歯の磨き方や虫歯の有無を診て頂き、フッ素は次回に、ということになった。

 この時点でまだ昼過ぎだったので、ちょっと遠出して渋谷にあるNHKスタジオパークに出かけることにした。年賀状のデザインをまだ考えているが、ここで写真を撮れたら使えるものが取れるかもしれない、と考えてのお出かけ。NHK教育テレビに「いないいないばぁっ!」という幼児向け番組があり、「わんわん」という犬のぬいぐるみが出てくる。幼児向け番組のキャラクターなのにどこかおっさんキャラなのが魅力である(だって「お茶の間のみなさ〜ん」とか言うんだもん)。来年は戌年だし、いいかな、と。

 到着する直前に長男が寝てしまったのだが、なかなか駐車場が見つからなかったので寝かせておき、やっと渋谷区役所の横あたりから地下に潜る公営駐車場に潜り込み、長男は私が抱っこして連れていった。

 最初長男は「かえろう」と言ったりして機嫌が悪かったが、一通り見て回ってクレープと鶏唐揚げを食べたら段々落ち着いて来た。そこで丁度始まった「わんわん」との写真撮影に連れて行き、家族4人とわんわんで写真を撮ってもらった。次男も特に怖がったりせず、じらも出ないで写真に収まってくれた。

 でも……良い子のみんなには内緒だけど……わんわんのアクターさん、暑かったのか背後で「ふう」とかいうのでちょっと幻滅。ちなみに「公式の」声の方はテレビと同じで、どこかから声をあてられているのでしょうねぇ。

 帰り、自動車に乗り込んでから雨が降ってきた。間がいい一日だった。

広告を非表示にする