椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

あかいでんしゃに のっかって

 今日は日帰りで大阪に行っていた。行きかえり、全日空を予約。

 羽田空港までは、京急を使った。京急は最近、テレビコマーシャルが気になって、先日調べていた。双子とみえる、同じ顔の男性がふたり、同じジーパンに赤いティーシャツを着、京急の赤い電車に乗る。バックに「赤い電車に/乗っかって〜」という曲が流れて、特に何の説明もない。曲は誰が歌っているのかと調べたら、くるりだった。

赤い電車

赤い電車

 大阪でもモノレールに社内広告が出ているが、さすがにテレビコマーシャルは流れていないのかもしれない。でもつい、品川から赤い電車に乗りたくなるような感じになるCMである。

 実は大阪には三週連続で日帰りで行っていて、その都度全日空を利用している。せっかく大阪に帰るのだからとおもうが、作業があっての大阪行きだからなかなか勝手はできない。先週は玉造の日の出通商店街に寄れたが、今日は打ち合わせがみっちりあって、東豊中のパン屋「クライン・ケベック」に寄ったのはいいが飛行機に遅れそうになった。クライン・ケベックは、我々夫婦では最も美味しいパン屋さん、という評価であり、東京でもまだこれを越えるパン屋さんには出会っていない。お土産として、成立するのである。

 さて東京に帰ってきて、品川でJRで乗り換えるとき不便があったので書いておきたい。丁度プリペイドICカードSUICA(私は定期券で持っている)のプリペイド残高がなくなっていたのだが、京急側でチャージ機が見当たらない。入ってからチャージできないかと思って通ろうとしたが、エラーになってしまった。SUICAは改札に入る時に初乗り運賃が引き落とされるルールになっているのである。京急の駅員に悪態をついて、窓口で切符を買った。

 これが関西のJRで展開されているICOCAだと、改札を出るときの精算になっている。JRの駅のホームには、簡易のチャージ機が設置されていて、チャージが非常にやりやすい。SUICAは最近電子マネーとして普及しつつあるが、使い易さでICOCAに及ばないのではないか。

 これはJRには学んで欲しい。京急も羽田までつないでいるのだから(JALはSUICAを推進しているはず)「窓口で精算するか、一度改札を出てチャージしてからでないと入れません」なんてことを言わないでほしい。こっちはせっかく赤い電車が気に入ったのだから。

 

広告を非表示にする