椋箚記

主に合気道とまち歩きについて

かちょうのかぜください

 はて、これはなんのことでしょう。

 まだ言葉のところどころが怪しい二歳十ヶ月の長男が少し前から、しきりに「かちょうのかぜください」というのでなんのことだろう、と夫婦で話しておりましたが、先日テレビを見ていてやっと分かりました。お分かりになるだろうか?テレビCMなのだが、CMは実は地域CMだったりするので他地域ではなんのことやら、ということになるかもしれないのだが。

 おだしのテレビコマーシャルで、女の子が魚屋さんに「かつおの丸ごと下さい」というと魚屋のおっさんふたりが「かつおの真似事」をする、というのがあるのですが、それを言っていたらしいことが判明。我々も鰹の真似事をすることにしています。

 今回のは元が分かったが、今だに分からない言葉とかがある。「いないないて」という依頼語が長男にはあるのだが、これはハンカチを畳んだり、シャツの袖をまくって欲しい時のことばである。語源は謎。

 その長男は風邪で調子が悪く、今日は下痢で腹痛を訴えて泣くというのを初めてやった。鼻水も結構でるようで、家内が鼻吸い器で吸っている。次男も鼻水と咳が出る。兄弟まとめて風邪をひくものである。

広告を非表示にする